スキーにはまっています。


by 幸田 晋

蕎麦(そば)が危ない!危険な中国産が蔓延、大量の防虫剤や農薬が残留か

蕎麦(そば)が危ない!

危険な中国産が蔓延、
大量の防虫剤や農薬が残留か


Business Journal 6月5日(金)6時1分配信より一部

中国からインドネシアに輸出された米に
プラスチックが大量に混じっていたことが判明し、
インドネシア国民を震撼させています。


プラスチックはビニール管などに使うポリ塩化ビニール(PVC)で、米粒状に成型されていたようですから意図的なのは明白です。

 PVCに含まれる可塑剤が食品中に溶け出し生殖機能に悪影響を与えるとの懸念があり、1990年代からPVCを食品容器に使うことは世界的に禁止されるようになりました。今回は容器ではなくPVCで偽装米を作ったのですから、唖然とするばかりです。今回のことに限らず、中国食品の劣悪さは改善される兆しすらありません。

 こうした中、筆者が危惧しているのは日本蕎麦(そば)です。取材で外食する際は、日本そばと決めているのですが、数年前にそば製粉業者の内部告発を聞いてからは、安心して食べられるそば店を探すのに苦労しています。日本そばといっても、多くのそば店は中国産そばに依存しているからです。立ち食いそば店やチェーン店はかなりの割合で中国産が使用されているのが実情です。

なにしろ国産そばに比べれば
価格は半分程度ですから、
安全性など二の次で
中国産そばを使用しているのです。



・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-06-06 06:43 | 労働 | Comments(0)