スキーにはまっています。


by 幸田 晋

いよいよ頓挫の可能性が高まってきたTPP交渉

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

いよいよ頓挫の
可能性が高まってきたTPP交渉


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年6月17日より転載


ジェフ・ブッシュが立候補宣言したことで、米大統領選は本格化する。

 そうでなくとも今年の後半からは米国の政治は大統領選一色となる。

 おまけに今度の大統領選は現職の大統領が8年の任期を終えて立候補しない選挙だ。

 いやがうえでも激戦となる。

 つまり夏以降はオバマ大統領のレームダック化は一気に進むのだ。

 だから、それまでにどうしてもオバマ大統領は米国議会から貿易交渉の一任を取り付けておかなければいけない。いわゆる貿易促進権限(TPA)である。

 ところがTPAに関する米国議会の最終投票が7月末までずれ込んでしまった。

 そして、きょう6月17日の産経新聞が書いている。

 ヒラリー・クリントン候補を支持するナンシー・ペロシ民主党院内総務が、TPP反対を議会演説で明言したというのだ。

 これでヒラリー・クリントン候補の反TPP姿勢は決定的になった。

 大統領選挙の本格化と共にTPP問題は霞んでいく。

 米国がTPP問題を後回しにすれば、もはやTPPを推進する国はない。

 TPP交渉がとん挫する可能性はいよいよ高まって来たということである。

 またしてもちゃぶ台返しだ。

 安倍政権は一体何のためにTPP交渉で譲歩を繰り返してきたのか。

 TPP交渉が頓挫しても、日本の対米譲歩だけは残る。

 なぜならばそれは日米交渉の合意だからだ。

 米国にいいようにやられている(了)

*****




慰安婦問題で
譲歩を模索し始めた安倍首相


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年6月17日より転載


 慰安婦問題で解決に向けてかなりの進展があったと朴韓国大統領が米紙に語ったと報道されたのは数日前だった。

 菅官房長官はこれを否定したが、私は何らかの動きがあるに違いないと読んだ。

 なぜならば朴大統領が全く根拠のない事を米紙で発言はしないからだ。

 そう思っていたらきょう6月17日の読売新聞が書いた。

 韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が次のように韓国報道陣に語ったと。

 「最近になって少し意味のある進展を成し遂げた」
 「適切な時期に高いレベルに格上げする必要がある」
 「我々が望む結果が早い時期に成し遂げられればいいが、最後まで気が抜けない」と。

 これらは何を意味しているのか。ズバリ、6月11日に行われた日韓局長級協議で官僚同士の話し合い
が進んでいるのだ。

 事務方の合意を飲むかどうかは、安倍首相の判断にかかっていると言っているのだ。

 そう思っていたら、やはりきょう6月17日、今度は日経だが、次のようなスクープ記事を書いた。

 すなわち政府は谷内正太郎NSC事務局長を来週に韓国に向けて派遣する検討に入ったと。

 これで合点が行く。

 外務官僚に協議させておいて、最後に谷内正太郎を派遣してまとめさせる。

 いつものパターンだ。

 みずから作ったNSCに出番をつくらなくてはいけない。

 みずから三顧の礼で迎えた谷内正太郎をNSCの局長につけた以上、谷内正太郎に格好をつけさせなくてはいけない。

 安倍首相は、慰安婦問題で何らかの譲歩をするつもりなのだ。

 そして慰安婦問題の解決こそ、米国が最も強く安倍首相に迫って来た事だ。

 間違いなく慰安婦問題で安倍首相は何らかの譲歩をする。

 果たしてそれが韓国が飲める譲歩になるのか。

 安倍首相を取り巻く右翼たちは慰安婦問題に関する安倍首相の譲歩を許すのか。

 けだし、見物である(了)
by kuroki_kazuya | 2015-06-18 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)