スキーにはまっています。


by 幸田 晋

熱気なき「投票権18歳引き下げ」公職選挙法改正の成立

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

熱気なき「投票権18歳引き下げ」
公職選挙法改正の成立


ブログ「天木 直人のブログ」 
2015年6月18日より転載


 選挙権年齢を18歳に引き下げる公職選挙法改正がきのう6月17日
に全会一致で成立した。

 今朝のメディアは一斉にそれを大きく報じているが、それを歓迎する熱気がないのはなぜか。

 みな疑問を持っているからだ。

 それではたして政治はよくなるのかと。

 それにもかかわらず、全会一致で成立した。

 なぜか。

 それは、かつて18歳引き下げを求めていたのは民主党や左翼政党であり、自民党は反対だったのに、いまでは自民党が率先して成立に回ったからだ。

 いまさら民主党や野党が反対できるはずがないからだ。

 だから全会一致で成立した。

 なぜ熱気がないのか。

 それは18歳に投票権が下がれば、自民党や公明、共産という組織政党に有利になることが分かったからだ。

 決して一般国民に有利な選挙結果にはならない。

 そればかりか、今の安倍政権下では、来年の参院選も改憲支持の投票を増やす結果になることが想定される。

 安倍政権を喜ばせるだけだ。

 そもそも投票権は年齢とは関係がないというのが私の体験から導き出された持論だ。

 考えてもみるがいい。

 政治への関心は、押しつけや教育で育つものではない。

 社会に出て働き、その不条理を身をもって痛感したときに芽生える。

 みずから働いて得た金で納税し、血税の使われ方の馬鹿らしさに腹を立てるところから生まれる。

 家族を持ち、生活をやりくりする過程でさまざまな政策に関心を持つ。

 年齢に関係ないのだ。

 いまの日本の政治・社会状況や、日本人の成熟度から見れば、むしろ年齢を30歳に引き上げてもいいくらいだ。

 これから来年夏の参院選に向けて、各党は、選挙に勝つために若者の関心を引くさまざまな選挙対策を競い合うことになる。

 ここでも金と権力を独り占めする自民党が有利になる。

 組織を持つ公明党、共産党が有利になる。

 結果は見えている。

 全会一致で成立した選挙権年齢18歳引き下げの公職選挙法改正について、大きく報道される割には、歓迎の熱気が感じられない理由がここにある(了)

*****




新党憲法9条は
もはや限りなく
新党「ストップ安倍暴政党」である


ブログ「天木 直人のブログ」 
2015年6月18日より転載


 まともな憲法学者が皆「憲法違反だ」と断じ、世論調査では国民の大半が反対している安保法制案。
 
 それを、きのう6月17日の国会の党首討論で、根拠も示せないまま「合憲だと確信する」、と言い切った安倍首相。

 その安倍首相に、まるで腰巾着の様に迎合し、重用されている者たちの言葉もまた、唯我独尊、増長の極みだ。

 稲田朋美政調会長は17日、都内でおこなった講演の後で、初の女性首相を目指すのか、と聞かれ、自らをヒラリー・クリントンになぞらえて、「政治家であるなら誰でもめざしている」と言い放ったという。

 そう言えば、もはや失敗が明らかなアベノミクスを、経団連の会長となってせっせと支援している財界人が、こう真顔で言ったことがあった。

 私は東レの社長時代はミスター東レと呼ばれたが、これからはミスター経団連と呼ばれたい、と。

 次官経験者しかなれない日銀総裁の座を、安倍首相の任命で思いがけなく手にれた元財務官僚に至っては、有頂天になり、禁じ手を重ね、飛べなくなったらピーターマンはお終いだ、などとうそぶいて、危険を承知でギャンブル金融政策を続ける。

 ほかにも、例を挙げればきりがない。

 これら、安倍首相とその側用人たちの言葉の数々は、まともな日本人なら、いずれも眉をひそめざるを得ない、異常で、品性に書けるものばかりだ。

 しかし、それが放置されているのがいまの日本だ。

 早晩必ず大きな災いとなって日本国民に跳ね返って来るだろう。

 それでも彼らは責任をとることなく、災いは国民が等しく甘受させられて終わる。

 それを、かつては、あの無謀な戦争で、そして現在は、福島原発事故で、我々は目撃して来た。

 やったもん勝ちである。

 そんな日本でいいはずがない。

 安倍首相とその御用聞きのような一握りの連中が、日本を好き放題にして、許されるはずがないのである。

 新党憲法9条を国民の手でつくるしかない。

 新党憲法9条は、すなわち、安倍暴政に待ったをかける国民政党を目指す党である(了)
by kuroki_kazuya | 2015-06-19 06:05 | 政治・議会 | Comments(0)