スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「沖縄慰霊の日」に日本国民が観るべき「沖縄 うりずんの雨」

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

「沖縄慰霊の日」に
日本国民が観るべき

「沖縄 うりずんの雨」


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年6月23日より転載


 きのうの夜遅く、親しくしている友人が興奮気味に電話して来た。

 何事かと思ったら、映画「沖縄 うりずんの雨」を観ろという。

 アメリカ人映画監督のジャン・ユンカーマン氏が沖縄を描いたドキュメンタリーであるという。

 その友人が絶賛するくらいだから凄い映画なんだろう。

 ジャン・ユンカーマン氏の作成した映画なら、間違いなく良い映画に違いない。

 岩波ホールでやっているという。

 そのうち観に行くよ、と言って電話を切った。

 そうしたら、今朝発売されたサンデー毎日7月3日号に、アジア・プレス・インターナショナルの設立者であるジャーナリストの野中章弘氏が映画評論欄で詳しく解説していた。

 ペリー来航から始まり、沖縄戦の生存者たちの証言、占領下の実態、米兵による性暴力、現在の基地問題の4章立てで沖縄の問題を歴史的に描いている映画だと。

 もちろん辺野古移設も取り上げている。

 50年、100年経っても、残る作品だと。

 それだけでも推奨に値するのだが、きょう6月23日の東京新聞「本音のコラム」で、わが敬愛すべき鎌田慧氏が書いていたのを見つけた。

 きょうは「沖縄慰霊の日」である。もし日本がばかげた戦争をはじめていなかったら、アジアの二千万人は殺されなかった。沖縄も広島も長崎も、東京など各都市での非業な死もなかった、と。

 殺人を称賛する国が沖縄に新基地をつくる。それに協力するだけでも日本の罪は重い、と。

 沖縄慰霊の日にこそ、日本国民は全員、このユンカーマン監督の「沖縄 うりずんの雨」を観るべきだと鎌田氏は言っているのだ。

 鎌田氏の言う事は100%正しい。

 「沖縄慰霊の日」には観ることは出来なかったが、私は観る。

 このブログの読者も見るべきだ。

 日本国民なら皆観るべきだ。

 なによりも、安倍昭恵夫人とキャロライン・ケネディ大使に観てもらいたい。

 田植えのパフォーマンスをする暇があるくらいなら、観る時間がないとは言わせない(了)

*****





ついに朝日新聞が書いた
安倍内閣支持率39%の衝撃


ブログ「天木 直人のブログ」  
2015年6月23日より転載


 ついに、きょう6月23日の朝日新聞が、一面で「内閣支持下落39%」という見出しをつけて、直近の世論調査結果を報じた。

 それを読むと衝撃的だ。

前回(5月16,17日調査)の支持率45%から、
今回(6月20,21日調査)の支持率39%へと、
わずか一か月で6%も急落している。


支持率の40%割れは、
昨年11月22日、23日の調査と並んで、
第二次安倍内閣発足以降の最低であるという。

 不支持率は37%であり、かぎりなく支持率に近づきつつあるという。

 今回の内閣支持率では、女性の落ち込みが大きく、支持率は前回の42%から34%に減少する一方で、不支持率は31%から37%に増えたという。

 女性の支持率では完全に支持、不支持が逆転している。

 深刻な事は、安保法制案の議論が続けば続くほど支持率が下がることだ。

 さらに深刻な事は、安保法制案の問題以外でも、あらゆる政策で安倍政権は行き詰まっていることだ。

 野党の追及必至なのに、それでも安倍政権が国会を9月末まで延長せざるを得なかったことだ。

 しかし私が最も驚いたのは、これ以上ない大チャンス到来であると言うのに、岡田民主党ら野党が、国会延長に反対していることである。

 なんという野党の体たらくだろう(了)
by kuroki_kazuya | 2015-06-24 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)