スキーにはまっています。


by 幸田 晋

米軍ヘリ墜落事故ではからずも露呈した自衛隊の違憲軍事行動

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

米軍ヘリ墜落事故で
はからずも露呈した
自衛隊の違憲軍事行動


ブログ「天木 直人のブログ」 
2015年8月13日より転載


 きのう書いたばかりだ。

 国民の知らないところで、いや政治家さえほとんど知らされていない
中で、自衛隊は公然と憲法違反の軍事演習を米軍と一体になって行って
きたと。

 それが共産党や社民党の国会質疑で明らかにされたと。

 わずか一日後に、今度はそのことが米軍ヘリの墜落事故という思いも
よらない偶然によって露呈した。

日米地位協定と
特定秘密保護法の
二つの巨大な壁に妨げられて、
今度の米軍墜落事故の実態は
ほとんど明らかにされていない。


 それでも、きょう8月13日の朝日新聞が次のように書いていた。

 すなわち、陸上自衛隊によるとケガをした陸自隊員は「中央即応集
団」に所属していたと。

 合計10名が在沖縄米陸軍部隊の研修に参加するため沖縄に訪れてい
て、そのうちの二人が事故機に乗っていたと。

中央即応集団を含む陸自の各部隊は
2009年度から、
米軍の部隊の
活動を学ぶ研修を毎年重ねてきたと。


 これだけでも十分だ。

 研修と言えば聞こえはいいが、これは紛れもなく米国との共同軍事演
習だ。

そして中央即応集団とは、
国際貢献、国連PKO活動などという美名
の下で作られた、専守防衛を逸脱した、
もっぱら海外活動を念頭に
つくられた新たな戦闘集団だ。


 この日米共同軍事演習が、2009年度から毎年行われ来たと朝日新聞は書いている。

 これは紛れもない自衛隊の憲法違反行動だ。

 このような憲法違反の自衛隊の行動が、安保法制案ができるはるか以
前から公然と行われていたのである。

 その事を誰も知らなかったのである。

 知っている政治家やメディアは、誰も問題にしなかったのである。

今度の米軍ヘリ墜落の本当の衝撃は、
日米軍事協力が憲法論議を超え
て先行しているという現実が
明るみになった事である。


 メディアが書くべきは、まさにその事である(了)

by kuroki_kazuya | 2015-08-14 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)