スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日露外相会談にすかさず不快感を示した米国

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

日露外相会談に
すかさず不快感を示した米国


ブログ「天木 直人のブログ」  2015年9月24日より転載

 ワシントン発共同が報じた。

 米国務省のトナー副報道官は9月22日の記者会見で、安倍首相がこだわっているプーチン大統領の年内訪日について日本に慎重な態度を求めたと。

 その言い方がふるっている。

 ロシアがウクライナの武装勢力に支援を続けている時に、ロシアと「通常通りの仕事」をするときではない、といったらしい。

 きわめつけは次の言い草だ。

 岸田外相がモスクワへ行ってラブロフ外相と会談したことを聞かれて、何のためのロシア訪問だったかは俺は知らない、と言ったというのだ。

 もちろん、こんな柄の悪い言い方はしなかっただろうが、とぼけたのは間違いない。米国が知らないはずはない。

 副報道官の記者会見はオバマ大統領の怒りの気持ちをそのまま表しているのだ。

 あれほど言っているのに安倍はまだわからないのか、度し難い奴だ、とオバマ大統領は思ったのだ。

 そこまでオバマ大統領を怒らせても、プーチン大統領の信頼を得らたのならまだわかる。

 むしろ筋を通したと褒めてもいいぐらいだ。

 ところが、プーチン大統領にまで相手にされていないのだ。

 その事をはっきりと示す記事がある。

 9月13日の日経新聞「風見鶏」で秋田浩之編集委員が書いていた。

 今年の春、安倍首相はプーチン大統領に次のようなメッセージを送ったという。

 「オバマ大統領にもきちんと説明してある」と。

 そう伝えて、米政府に反対されても来日を実現させる決意をプーチン大統領に示そうとしたというのだ。

 ところが、プーチン大統領はどう受け止めたか。

 そのメッセージを受け取ったプーチン大統領は「日本はやはり、米国の顔色を気にして動く国だ。ならば対等につきあう必要はない」と思ったという。

 オバマにもプーチンにも相手にされない安倍首相。

 これ以上の外交敗北はない(了)

*****





日露外相会談の直後に
北方領土にミサイルを配備したロシア


ブログ「天木 直人のブログ」  2015年9月24日より転載

 9月21日に行われた日露外相会談ほど日本外交に泥を塗った外交はない。

 なにしろ北方領土問題について話し合うはずの外相会談であったにもかかわらず、会談直後の共同記者会見でラブロフ外相は北方領土問題については一言も話をしなかったと公言したのだ。

 私が驚いたのは、岸田外相がその場で即座にフザケルなと反論しなかった事だ。

 そして、その後で日本人記者に対し、会談の半分以上は北方領土問題だったなどと独り言を言っている。

 こんな情けない外相会談があるか。

 こんな情けない外務大臣がいるか。

 そう思っていたら、きょう9月24日の東京新聞を見て驚いた。

 ロシア国防省は23日、北方領土に最新型の短距離地対空ミサイルを実戦配備したことを明らかにしたという。

 これ以上の実効支配はない。

 これ以上の敵対行為はない。

 これ以上日本の外交に泥を塗るロシアの出方はない。

 かつてロシアの高官が暴言したように、岸田外相は「切腹」しないのか。

 菅官房長官はロシアに抗議しないのか。

 それでも安倍政権はプーチン大統領の年内訪日にこだわるのか。

 何のためだ(了)
by kuroki_kazuya | 2015-09-25 06:25 | 対米 従属 | Comments(0)