スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<中国電力>島根原発の防災対策費 鳥取県に6億円拠出

<中国電力>島根原発の防災対策費 
鳥取県に6億円拠出

毎日新聞 10月7日(水)11時55分配信より一部

 鳥取県は7日、中国電力島根原発(松江市)の防災対策費として、中国電から6億円の拠出を受けることを明らかにした。県西部の境港市全域と米子市の一部は広域避難計画の策定が必要な30キロ圏にあり、県側が費用負担を求めていた。電力会社が原発立地自治体でない県の防災対策費を負担するのは、極めて異例という。

 県によると、中国電が5日、「原子力防災対策に伴い新たに生じた財政需要に対応するため、拠出金として6億円を協力したい」などと文書で県に伝えた。拠出は寄付の形を取るという。中国電鳥取支社も取材に対し、「5日に本社の意向を県に伝えた」と述べた。

 県は東日本大震災以降に設けた原子力安全対策の部署に専門の人員を配置するなど、年間1億円程度の人件費が発生。しかし、原発立地自治体でないため交付金や核燃料税で財源を確保できず、自主財源で賄ってきた。平井伸治知事が昨年10月、広島市の中国電本社を訪れて苅田知英社長に協力を求めていた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-10-08 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)