スキーにはまっています。


by 幸田 晋

TPPが漂流するのはこれからである

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

TPPが漂流するのはこれからである

ブログ「天木 直人のブログ」  2015年10月25日より転載

「漂流」すると思われたTPPがギリギリで大筋合意した。

 TPPに賛成する者たちは、きまってこう歓迎する。

 しかし、TPP反対論者は悲観する事はない。

 TPPが漂流するのはこれからであるからだ。

 安倍政権がTPP臨時国会から逃げ回っている。

 そう思ったら、なんと来年の通常国会でも議論しないという。

 よほどTPP秘密交渉を追及されることが怖いと見える。

 そう思っていたら、それだけではない。

 TPP国会を急がない理由が奮っている。

 米国議会での承認がどうなるかわからない中で、日本が急いで批准する必要はないからだ、というのだ。

 じつはその通りなのだ。

 米国の議会でTPP審議が紛糾することは必至である。

 そしてTPPを推進したオバマ大統領は、来年になれば次期大統領選挙が本格化して、もはや影響力は完全になくなる。

 次の大統領が誰になろうと、オバマ大統領の推進した政策のために汗をかく馬鹿はいない。

 ましてや評判の悪いTPPを熱心に批准しようとする者はいない。

 民主党のヒラリー候補に至っては大統領選でTPP反対を唱える始末だ。

 そんな米国の迷走を見て、その他の国の議会もまた議論が噴出するだろう。

 そんな中で、ひとり安倍首相が国会でTPP推進を唱えたら笑い者になる。

 国際条約が合意されても、それを議会が承認しないため、いつまでたっても米国が参加しない例は、これまでにもある。

 もし今度のTPPがそうなったら、言い出しっぺの米国が不参加となるのだから、TPP交渉はなんだったのか、ということになる。

 究極のちゃぶ台返しだ。

 はたしてTPPはどうなるのか。

 TPPが漂流するのはこれからであると私が言う理由がここにある(了)
by kuroki_kazuya | 2015-10-26 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)