スキーにはまっています。


by 幸田 晋

福島第一 海側遮水壁1カ月 外洋流出に効果見えず

福島第一
海側遮水壁1カ月 

外洋流出に効果見えず


東京新聞 2015年11月22日 朝刊より一部

 東京電力福島第一原発で汚染した地下水が護岸から海に流出するのを防ぐための「海側遮水壁」が完成して間もなく1カ月になる。海水に含まれる放射性セシウムの濃度は、護岸付近は下がったものの、それ以外は完成前とほとんど変わらない状態が続いている。 

 二〇一二年四月に工事がスタートした遮水壁は、1~4号機の海側に、約六百本の太い鋼管を打ち込んで造られた。鋼管は長い金具で連結され、すき間はモルタルでふさぎ、十月二十六日に完成した。東電の試算では、壁により地下水の流出量は一日四百トンから十トンにまで減り、セシウムの流出量も約四十分の一になる-とされた。

・・・(中略)

 こう期待されたが、推移を見る限り、東電が調査している十二地点のいずれも濃度は下げ止まりの状況。外洋に出て行く港湾口の一年間のデータを追ってみても、海にすむ魚に影響を与える可能性がある一リットル当たり一ベクレル前後が続いている。昨年十月、本紙が港湾口で調査した際も約一ベクレルを検出している。

現状では、
福島第一から外洋への影響は、
壁ができる前と後では
あまり変わらない、といえる


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-11-23 06:55 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)