スキーにはまっています。


by 幸田 晋

ケーブル分離、現場確認なし=原発再稼働の審査―発覚後も対応遅れ・規制委

ケーブル分離、現場確認なし

=原発再稼働の審査
―発覚後も対応遅れ・規制委


時事通信 12月6日(日)2時34分配信より一部

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)などで安全設備関連のケーブルが新規制基準に反して分離されていなかった問題で、再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査や検査では現場で確認が行われていないことが5日、規制委への取材で分かった。

 問題発覚後、規制委は情報収集を始めたが対象範囲を限定しており、対応は遅れている。

 規制委は、九州電力川内原発(鹿児島県)など合格した複数の原発でも、ケーブルの分離に関する現場確認をしておらず、電力会社の申請内容をチェックする審査の在り方が問われそうだ。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-12-07 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)