スキーにはまっています。


by 幸田 晋

在日米軍経費 新基地建設などで大幅増

在日米軍経費 
新基地建設などで大幅増


過去最高7278億円 
辺野古抗議弾圧に1日約1200万円


しんぶん赤旗 2015年12月6日(日)より一部

 2015年度の在日米軍関係経費(思いやり予算含む)の総額が過去最高額の7278億円に達したことが判明しました。外務省が日本共産党の赤嶺政賢衆院議員に提出した資料をもとに本紙が計算した結果明らかになったものです(グラフ)。前年度から539億円増額、最も高額だった10年度の7146億円を132億円上回っています。在日米軍の兵士・家族1人あたりの年間金額は約1350万円に上っています。

 米軍関係経費の顕著な増額の背景には、沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設など、米軍再編経費の大幅な増額があります。

 関係経費の内訳をみると、再編経費全体が前年度比552億円増の1461億円で、
辺野古の
米軍新基地建設にかかわる費用が271億円、
前年度57億円から約5倍の増額です


 このなかには、新基地建設に反対する市民を抑えつけるための警戒船の契約金額や、キャンプ・シュワブの工事車両入り口を警備する民間警備会社の契約金額も含まれています。防衛省沖縄防衛局は本紙の取材に対し、15年度の契約は2件、43億円であることを明らかにしました。

 ゲート前や海上で抗議活動をしている住民ら数百人を抑えつけるため、1日あたり約1180万円を費やしていることになります。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-12-07 06:35 | 対米 従属 | Comments(0)