スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「思いやり予算実質増」と書いた朝日新聞

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

「思いやり予算実質増」と書いた朝日新聞

ブログ「天木 直人のブログ」  2015年12月8日より転載

 私はこの前のブログで書いたばかりだ。

 NHKの早朝のニュースが、思いやり予算の交渉がようやく前年度並みで決着したと報じたと。

 これは実質的な対米譲歩だと。

 ただでさえ財源の足らない今の日本だ。

 なぜメディアはこの事を報いないのかと。

 しかし、その後も大手新聞は書かない。

 今、国民がこの事に気づいて、騒がれたらまずい事になるからだ。

 日米交渉が完全に決着し、来年度の予算案の全額が確定し、もはや動かすことができなくなった段階で過去形で書くに違いない。

 そう思っていたら、きょう12月8日の朝日新聞がついに書いた。

 日米両政府は思いやり予算の今後5年間の水準をこれまでの5年間より実質増額する方向だと。

 しかし米国は増額を譲らなかったと。

 朝日新聞が書いたそのやり取りが噴飯物だ。

 日本側は、安保法の成立で自衛隊の役割が増す事を理由に減額を求めたという。

 しかしそれが聞き入れられなかったという。

 これはとんでもないことなのだ。

 カネだけ出しても血を流さなければ米国の信頼を勝ち取れない。

 この湾岸戦争のトラウマが、自衛隊の海兵を可能にする安保法強行採決の理由だった。

 ところが、いくら自衛隊の命を差し出しても、カネはびた一文まけてもらえない。

 それどころかもっと出せと要求されているのだ。

 つまり人もカネも出せということである。

 よくもこのような交渉を官僚の交渉だけで終わらせて平然としていられるものだ。

 岡田民主党が安倍政権と向かい合う覚悟があるのなら、この思いやり予算交渉の欺瞞を追及しなければウソである(了)
by kuroki_kazuya | 2015-12-09 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)