スキーにはまっています。


by 幸田 晋

もんじゅ移管勧告に誤魔化されてはいけない、核燃料サイクルを延命させるな

もんじゅ移管勧告に
誤魔化されてはいけない、

核燃料サイクルを延命させるな


木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

たんぽぽ舎です。【TMM:No2662】
2015年12月12日(土)午後 08:07
地震と原発事故情報より一部


┏┓
┗■1.もんじゅ移管勧告に誤魔化されてはいけない、核燃料サイクルを延命させるな
 |  −田中俊一委員長は元JAEA特別顧問− 
 |  原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会! その76
 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 原子力規制委員会は11月13日に高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)について、運営主体の日本原子力研究開発機構(JAEA)は「不適当」とし、新たな運営組織を見つけるよう馳浩文部科学相に求める勧告をまとめ、田中俊一委員長が勧告の文書を馳文科相に提出した。
 この報道で、原子力規制委員会やるじゃない、なんて人がいるが、騙されてはいけない。
 私は、この勧告は、田中委員長の責任回避策であり、原発再稼働推進策であり、経産省による文科省からの利権獲得であり、核燃料サイクルの生き残り策である、と思う。

○田中委員長はJAEAの特別顧問
 JAEAは、2005年10月に日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構と統合して独立行政法人日本原子力研究開発機構となった。その折に、田中俊一氏は特別顧問に就任している。当然経営にも責任を持っている。
 そればかりか、田中俊一氏は、大学卒業後すぐ1967年に日本原子力研究所に入所して40年弱在任し、99年東海研究所副所長、2002年東海研究所所長、2004年副理事長に就任、原研の経営責任を負っており、JAEAの前進には経営責任も持っているのだ。
 つまり、田中規制委員長は、もんじゅの運営に「不適当」な組織にどっぷりつかってきた人間だ。

○川内1,2号機の再稼働を確認してからの勧告
 1万点のもんじゅ点検漏れは2012年12月に判明し13年5月には運転停止命令を出している。そればかりか、原発ゼロの会で資源エネルギー庁を追及するまでもなく、核燃料サイクルが破綻していることは衆知であるのに、その問題を隠したまま、川内原発を再稼動させた直後にこのもんじゅ勧告が出された。

○経産省と文科省の利権争い
 もんじゅの問題責任を運営組織JAEAの問題と指摘して文科省に勧告を出したが、もんじゅの1995年12月8日のナトリウム漏えい火災事故をきっかけに科学技術庁が潰されたように、今回も経産省が高速増殖炉利権を奪おうとしているのではないか。実際に、経産省が核燃料サイクル延命のために新たな認可法人(再処理事業の実施主体)を作ろうとしている(12月1日東京新聞朝刊)。

 本来は、使用済み核燃料(特に高レベル放射性廃棄物)の保管・管理方法や場所の問題や、核燃料サイクルの実現可能性を再確認してから、原発の再稼働を論じるべきであることは、日本学術会議も提言していたばかりでなく、多くの専門家や「国民」の当然の考えである。
 にもかかわらず、政管と学と産が「三人寄れば文殊の知恵」とばかりに、愚かな政策を実施しようとしている。

┏┓
┗■2.自由化によって安くて質の高い新電力を選ぶことができるようになる
 | 私たちの意思で市場を変えることができるようになる
 |  「電力自由化問題連続・東電さんさようなら講座」第2回
 |  12月8日「電力改革と脱原発」熊本一規明治学院大教授
 └──── 三輪祐児(ユープラン)

○来年の干支「丙申」は大変革の年、という新聞記事がありましたが、本当にそうかもしれないと思うような連続講座がたんぽぽ舎で開催されています。「電力自由化問題連続・東電さんさようなら講座」で、1回目の広瀬隆氏に続いて12月8日は第2回目、熊本一規明治学院大教授による講座「電力改革と脱原発」が行われました。
 今までエネ庁が言ってきた「重要なべースロード電源」や「ベストミクス論」が、原発に有利なようにこじつけられた理屈であること、今では多くの人が理解していることですが「原発の電気が一番安い」という宣伝も大嘘であることなどを具体的に論証したうえで、それでは来春予定されている電力自由化によって何が起こるかということを語っていただきました。
 私たちは自由化によって安くて質の高い新電力を選ぶことができるようになるし、原発の電力に対しては「不買運動」を起こすことができ、つまり私たちの意思で市場を変えることができるようになるというのが最大のポイントです。原発からの電力供給を拒絶することで経営的な圧力を加えることができるのです。

○もちろん原発推進派も黙ってはいないでしょう。今まで以上の大々的な宣伝に加え水面下では、良質な新電力の発電を規制して営業妨害する制度を構築したり、廃炉費用を送電料金に上乗せして新電力のユーザーに負担させる案など、今まで以上に姑息で汚い手段を目論んでいるようです。

 しかし希望があります。それは自由化によって新電力供給の自由で巨大な市場が誕生することです。この市場に参画して大儲けするチャンスを利に聡い大企業が指を咥えて眺めているわけはありません。日立や東芝などが原発ダミーの新電力会社を準備していますが、トヨタやパナソニックなど錚々たる大企業も新電力事業に名乗りをあげています。公正な競争原理が働く市場を確保するためには、経団連のなかで重要な地位を占めているこうした大企業も、原発推進派のインチキを監視し抵抗していくことが予想されます。経団連の中から私たちの脱原発運動と同じ方向を目指す動きがでてくる可能性があるのです。
 需要する側で応援したい発電システムを選択できるわけですから、大小さまざまな企業が戦国時代の様相を呈し、相対的に割高な欠陥商品というべき原発が衰えていくことは明らかです。同じようなことは第一回目の広瀬隆氏も指摘しておられました。脱原発の動きは新しい局面を迎える可能性があります。
 「東電さんさようなら講座」では今後も、東電にさようならを告げた結果市の財政に大きな利益をもたらした事例など、さまざまな取り組みが紹介される予定です。経営者や経済人、投資家の立場にある人たちも誘って来ていただいてもいいのではないでしょうか。

 来年「丙申」は、確かに大変革の年になりそうな気がします。   
https://www.youtube.com/watch?v=zOuhcHLkspk
 ※DVDができました。(11月28日講演録)
  ○「電力自由化問題連続・東電さんさようなら講座」第1回
 広瀬隆講演録『電力自由化で原発と電力会社を葬る!』90分
  発行:たんぽぽ舎  頒価:1,000円  
☆購入ご希望の方は、DVD代プラス送料100円(3枚まで)を郵便振込で先払いの上、メールで、たんぽぽ舎あてに振込日時、発送先住所、ご氏名、電話番号をお知らせください。
   郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

┏┓
┗■3.雨宮処凛さんは「多くの知識人のこれまでの平和運動を超える運動をやっている」
 |  日本が戦争する国になることを阻止するには、貧困といかに戦うかから始めなければ
| 12月7日(月)学習会で雨宮処凛さんと対談して
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア) 

12月7日 スペースたんぽぽ学習会で雨宮処凛さんと対談しました。
 雨宮処凛さんのお話を聞いて感じたのは、彼女は「多くの知識人のこれまでの平和運動を超える運動をやっている」ということです。なぜかというと「現在の差し迫った課題は貧困層の右傾化にどう対応するか?」ということだからです。

 12月10日(木)の東京新聞「本音のコラム」で竹田茂夫さんは「深部の憎悪と暴力」と題して、世界的に共通な極右化現象は社会の深部から立ち上がる憎悪に由来しており暴力を伴うと指摘しています。ドイツでも極右政党ペギーダが支持を広げており、進歩派の左派党(リンケ)支持層の4分の1がペギーダに親近感を持っているそうです。中流以上の人々やその権益を守る既成政党への反感が政治的立場を超えて共有されているのです。

 文のしめくくりは「ヘイトスピーチにはカウンターで対抗するとしても、社会の深層から立ち上がる憎悪と暴力にはどう対処すべきか」と問かけています。非常に難しい問題提起をしています。このコラムを読んで、3日まえの雨宮処凛との対談を思い出しました。

 彼女は貧乏のどん底の時右翼思想に惹かれました。あまりに貧乏な時は自分が生きていることの意味を感じられず、自殺願望に取りつかれます。家族も、友達も、会社も、地域もすべて自分を認めてくれない(自分のいる場所でない)人にとって、すべてを飛び越えて「国家」が自分を認めてくれると思いたいのです。国家のために国家の敵(左翼、中国、韓国、沖縄の人々など)と戦い死ぬことが唯一の生きがいになるのです。しかし、実は国家が自分を認めてくれているのは幻想だとわかると、貧困を押し付け他者との関係を奪っているのは国家だとわかると、貧困と闘うプレカリアートの戦士になると思います。
 
日本が
戦争する国になることを阻止するには、
貧困と
いかに戦うかから始めなければ
ならないと思います

by kuroki_kazuya | 2015-12-13 05:55 | 核 原子力 | Comments(0)