スキーにはまっています。


by 幸田 晋

インドに核実験させない担保を取ったという大嘘

みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

インドに
核実験させない
担保を取ったという大嘘


ブログ「天木 直人のブログ」  2015年12月18日より転載

原発と核兵器が紙一重であることはもはや世界の常識だ。

北朝鮮は原発開発と言って核兵器をつくった。

イランが原発開発は平和目的に限ると繰り返しても誰も本気にしない。

ましてやインドは核保有国だ。

そして核不拡散条約への加盟を拒否し続けている国だ。

だからこそ日本はインドに原発輸出などしなかったのだ。

それを安倍首相はあっさり捨て去った。

唯一の被爆国であることを世界に喧伝し、核不拡散こそ日本の方針だと唱えて来た日本の否定である。

さすがに、まともなメディアは一斉に批判している。

しかし、私がここで言いたい事は日印原子力協定の批判ではない。

批判におそれをなした安倍首相や外務省が、インドが核実験をした場合は協力を停止する約束をとった、と言いふらしていることだ。

外務省幹部に至っては、「担保をとった」などと大言壮語しているらしい(12月16日東京)

これほどの見え透いた言い逃れはない。

どこの国が、日本からの協力とひきかえに、その国の安全保障政策の基本方針の放棄を約束するというのか。

そのようなおめでたい約束を、協定の中で明記するような国がこの地球上にあるとでもいうのか。

国会はこの日印原子力協定を徹底追及しなければいけない。

そこにインドの約束など明記されているはずはない。

だから、もしインドが核実験をしない、したら日本の協力停止を受け入れる、と約束したというなら、それは密約だ。

秘密文書で約束をとったということだ。

そんなことが許されるはずがない。

繰り返して言う。

野党は国会が始まったら真っ先にこの日印原子力協定に関する日印間の約束を徹底追及すべきだ。

そう思っていたらきょう12月18日の毎日新聞「発信箱」で青野由利専門編集委員が書いていた。

安倍晋三首相は「インドが核実験を実施したら協力を停止する」という口約束で原則合意してしまった、と。

なんということか。

口約束で担保を取ったというのか。

あいた口がふさがらない日印原子力協定である(了)
by kuroki_kazuya | 2015-12-19 06:05 | 核 原子力 | Comments(0)