スキーにはまっています。


by 幸田 晋

指定廃棄物茨城は分散保管継続

指定廃棄物
茨城は分散保管継続


NHK茨城 02月04日 07時29分より一部

東京電力福島第一原子力発電所の事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物を巡って環境省は茨城県内の指定廃棄物に限って放射性物質の濃度が国の基準を下回るまで現在の場所で分散して保管を続けることを認める方針を固めました。

放射性物質を含む指定廃棄物を巡って環境省は関東と東北の5つの県で新たな処分場を1か所ずつ建設する計画ですが、地元の反対などでそのめどは立っていません。

このうち、茨城県では焼却灰や汚泥など合わせておよそ3500トンが14の市と町の施設などに保管されていますが、地元自治体は放射性物質の濃度が国の基準を下回るまで現在の場所での保管の継続を求めていました。

これを受けて環境省は
茨城県の指定廃棄物に限って、
現在の施設などで分散して保管を続けることを認める
方針を固めました。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-02-05 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)