スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「復興の権限・財源を被災地に」と書いた朝日新聞

みなさま、時間のアル時に
是非、「『天木 直人の公式ブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

「復興の権限・財源を被災地に」と
書いた朝日新聞
 

「天木 直人の公式ブログ」 2016年3月11日より転載

震災5年目に当たるきょうの各紙は、「復興なお道半ば」という記事であふれている。

 しかし、詳しく読んでみると、「道半ば」どころではない。

 5年も経つというのに、津波被害も原発被害も、根本的な問題解決はほとんど手つかずのままだ。

 そしてついにメディアが書いた。

 きょう3月11日の朝日新聞が一面トップで「復興へ権限・財源を被災地に」という見出しで次のように書いた。。

 「いまからでも遅くない。次の5年の復興・創生期間で、政府は被災地に一部負担を求めて自立を促す。ならばその間、国の権限も財源も県へ、(そして)県のものは市町村に渡すべきだ。住民の知恵と工夫で暮らしを再生してはじめて自立できる。それが復興の理念にかなう」と。

 まさしく私が5年前に指摘したことだ。私の長年の読者ならご記憶だろう。震災直後の2011年5月に私はブログで書き、それを日刊ゲンダイが連載で掲載した。

 この国の指導者(政治家、官僚、有識者たち)に復興を任せていては解決はおぼつかない、なぜならば彼らこそ、それまでの日本のシステムを作って来た責任者だからだ。この際、権限と予算の一部を彼らから取り上げ、現場に与えよ、と。

 せめてこの未曽有の災いを転じて福となすには、この機会に日本の権力構造を革命的に変えることしかない、と。

 ついに朝日までが書いた。

 そしてそれは震災復興に限らない。

 そっくりそのまま日本の再生にあてはまる。

 いま我々が連日目にしているものは、行政がすべての分野で行き詰まっている姿だ。

 それに対して何も出来ない無策の姿だ。

 ならば彼らが独占して来た権限と財源を国民に与えるのだ。

 一挙に全部とはいわない。

 その一部で十分だ。

 そして、その一部の権限・財源の移譲がうまくいくことが誰の目にも明らかになった時、その移譲の範囲はおのずから広がっていく。

 それこそが市民革命である。

 暴力によらない平和的手段による革命である。

 それこそが、当時私が唱えた「もうひとつの日本」づくりであり、いま実現が望まれる既存の政党・政治家を否定したあらたな政治づくりである(了)
by kuroki_kazuya | 2016-03-12 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)