スキーにはまっています。


by 幸田 晋

なぜ翁長知事と大田元沖縄知事は辺野古阻止で協力しないのか

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

なぜ翁長知事と大田元沖縄知事は
辺野古阻止で協力しないのか


「天木 直人の公式ブログ」  2016年4月12日より転載

 きょう4月12日は普天間基地返還が合意された日から20年に当たる日だという。

 その事もあって、今日の各紙は記念特集記事を一斉に掲載している。

 その特集記事の中で私は読売新聞の次のくだりに注目した。

 すなわち、1996年4月の返還合意を成し遂げた当時の橋本龍太郎首相は、1999年12月1日の読売新聞への寄稿で、大田知事に普天
間基地返還合意を電話で伝えた際、普天間基地にかわる代替基地を沖縄県内に移設する事が前提である事を大田知事に伝えた、と証言したとい
う。

 いうまでもなく辺野古移設問題の大きな論争点は、それが単なる普天間基地の移設ではなく、普天間返還を口実にした、全く新しい米国の新
基地建設ではないのか、という問題がある。

 それと並んでもう一つの大きな問題は、1995年の沖縄少女暴行事件がきっかけで起きた普天間基地返還要求が、いつのまにか代替基地建
設が普天間基地返還の前提になってしまった、その経緯についての不透明さにある。

 そして、代替基地建設が普天間返還と一体になっていることは、少なくとも橋下龍太郎首相がモンデール駐日米大使と合意を取り交わした1
996年4月には日米両国の合意になっていたという事だ。

 しかもそれを橋本首相は当時の大田知事に伝えていたと橋本首相は証言した。

 しかし、この重要な橋本首相の証言にもかかわらず、大田知事はこの橋本証言を否定しているという。

 どちらが正しいのか。

 これを徹底的に検証する事は、辺野古新基地が沖縄海兵隊の基地の移転にとどまらず、最新機能を備えた在日米軍のあらたな基地建設である
かどうかの検証とともに、決定的に重要な事だ。

 そのカギを握っているのは、橋本首相亡き今となっては大田元知事が握っているはずだ。

 そして大田元知事の証言は、そのまま翁長知事の「辺野古には新基地は作らせない」という決意に対するこれ以上ない応援になる。

 辺野古阻止についての願いは、翁長知事も大田元知事も寸毫の違いもないはずだ。

 なぜ大田元知事は翁長現知事を応援し、ともに安倍政権に立ち向かわないのか。

 私の最大の疑問である。

 その答えのなかに辺野古問題解決の正否があるに違いない(了)
by kuroki_kazuya | 2016-04-13 06:25 | 日本の今後 | Comments(0)