スキーにはまっています。


by 幸田 晋

高浜原発 差し止め提訴 老朽1、2号機の延長「待った」

高浜原発 差し止め提訴 
老朽1、2号機の延長「待った」


東京新聞 2016年4月14日 夕刊より一部

 運転開始から四十年以上経過した関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の運転延長は危険性が高いとして、福井、愛知両県など十四都府県の住民七十六人が十四日、原子力規制委員会に延長を認めないよう求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

 原子炉等規制法は運転期間を原則四十年に制限。ただ規制委が認めれば最長二十年延長できると定めており、関電は運転延長を目指している。住民側弁護団によると、老朽原発の安全性を問う訴訟は初めて。

 1、2号機について規制委は今年二月、運転四十年を超す原発で初めて、新規制基準に適合しているとする適合証の原案となる「審査書案」を決定した。事実上の審査適合とされる。運転延長は例外的な場合に限るとされ、名古屋地裁がその是非を判断する。

 訴状によると、新基準は東京電力福島第一原発事故の真摯(しんし)な反省を踏まえておらず問題が多く、甚大な事故を起こす危険があると主張。「四十年ルール」が厳格に運用されなければならないことは明らかだとした。

 さらに関電は高浜1、2号機で、新基準が求める難燃性ケーブルでなく防火シートで対応するとしており、規制委がこれを実証試験なしで認めたのは裁量権の逸脱だと指摘した。

 高浜1、2号機は七月七日までの期限に、老朽化対策に特化した運転延長審査など残りの手続きを終えなければならない。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-04-15 06:53 | 核 原子力 | Comments(0)