スキーにはまっています。


by 幸田 晋

同一賃金の議論 まず正社員化を進めよ

同一賃金の議論 

まず正社員化を進めよ


東京新聞 【社説】 2016年4月15日より一部

 政府は「同一労働同一賃金」の実現を、一億総活躍プランに盛り込む方針だ。しかし、本当に非正規労働者の待遇底上げにつながるのか。まずは、非正規の正社員化に取り組むべきではないか。

 「同一労働同一賃金」の実現は安倍晋三首相が一月の施政方針で打ち出した。雇用形態にかかわらず、仕事の内容が同じなら賃金も同じという意味で、形式はさまざまにせよ欧州では浸透している。

 確かに日本では雇用形態による賃金格差は大きい。フルタイムの正規労働者に対するパートタイムの賃金水準(時給)はフランスが89%、ドイツが79%に比べ、日本は57%にとどまっている。

 欧州では、雇用形態ごとの不利益取り扱いは禁止することを、EU指令で規定している。

 日本にも、パートタイム労働法や労働契約法などで「差別的取り扱いをしてはならない」「待遇の相違は不合理であってはならない」などの均等、均衡待遇の規定はあるが、格差は大きい。法律に実効性を持たせるとともに、対象者の拡大が必要だ。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-04-16 06:43 | 労働 | Comments(0)