スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<日本原電>廃炉ノウハウ取得へ 米専門会社と合意

<日本原電>廃炉ノウハウ取得へ 

米専門会社と合意

毎日新聞 4月20日(水)19時37分配信より一部

 原発専業の日本原子力発電は20日、米国の原発廃炉専門会社「エナジーソリューションズ」から、廃炉事業に関するコスト削減などのノウハウを有償で取得することで合意したと発表した。日本原電は保有する原発の停止が長引き、他社の原発の廃炉作業支援を発電に代わる新たな収益の柱にしようと模索しており、エナジー社からノウハウを学び競争力を高める狙いだ。両社共同で日本国内の「廃炉ビジネス」を手がけることも検討する。

 日本原電によると、エナジー社が取り組んでいる米国ザイオン原発の廃炉事業に、近く日本原電の社員4人を派遣する。また、日本原電が行う敦賀原発1号機の廃炉事業でも、エナジー社の社員からアドバイスを受けるという。合意に伴い結んだ契約の期間は約1年で、金額は非公表。

 エナジー社はすでに米国で原発5基の廃炉を実施済み。コスト削減や工期短縮を実現した実績もある。

日本原電は現在、
保有する原発2基が停止し、
発電をしていない。

販売契約を結ぶ大手電力5社が
発電の有無にかかわらず支払う「基本料金」が
主な収入源で

廃炉ビジネス拡大などによる収益改善を目指している。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-04-21 06:33 | 核 原子力 | Comments(0)