スキーにはまっています。


by 幸田 晋

いきなり「リーマンショック前の状況に近い」と叫んだ安倍議長

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

いきなり「リーマンショック前の状況に近い」と叫んだ安倍議長

「天木 直人の公式ブログ」  2016年5月27日より転載

 これには驚いた。

 そして思わず笑ってしまった。

 安倍首相がサミット冒頭で、いきなり世界経済はリーマンショック前の状況に近いと叫んだことだ。

 さすがに、それは言い過ぎだろうと他の首脳から異論が出たらしい。

 当然だろう。

 議論もしないうちに、取りまとめ役の議長が勝手な判断を口走るなど、およそ考えられないことだ。

 しかも、世界経済の改善策を取りまとめるべきサミット議長が、率先して世界経済は危機だと悲観的な事を言い出したのだ。

 なぜこんな馬鹿な発言をしたのか。

 いうまでもなく消費税増税再延期への布石である。

 すかさず、きょうの各紙は、これで消費税増税再延期は決まりだ、と言わんばかりの提灯記事を一斉に書いている。

 しかし、私がここで言いたいのはその事でない。

 安倍政権を倒すとさけぶ野党第一党の岡田党首の反応だ。

 さすがに民進党の岡田代表も気づいたと見えて批判した。

 「消費増税先送りの言い訳に使えるよう(サミットを)利用していると言われてもしかたがない。非常にはずかしい」と(5月27日読売)

 しかし、岡田代表こそ、先の党首討論で安倍首相に迫った張本人だ。

 消費税増税は2年間再延期せよと。

 そして、その後で、二年後には必ず消費税増税を行えと言ったのだ。

 これを聞いた時、私は国民は浮かばれないと思った。

 打倒安倍の岡田代表が言うべき事は、消費税増税の延期ではなく廃止だ。

 進む一方の格差社会の中では経済は絶対によくならない。

 そんな事もわからずに、2年後には、こんどこそ何があっても消費税増税を行えという。

 これが野党第一党の代表の言う事か。

 国民の不幸は、首相を投げ出した政治家失格の安倍が復帰し、こともあろうに首相になって、汚名挽回とばかり、やりたい放題をしている事だ。

 しかし、本当の不幸は、その安倍政権を倒すべき野党第一党の党首が、まるで期待できないことだ。

 この国の政治に必要なものは野党共闘ではない。

 安倍でも岡田でもない、本物の指導者をいただいた、真の国民政党である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-05-28 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)