スキーにはまっています。


by 幸田 晋

見事だったオバマの広島訪問

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

見事だったオバマの広島訪問

「天木 直人の公式ブログ」  2016年5月28日より転載

 オバマの広島演説は見事だった。

よくもここまで謝罪を避け、
核廃絶は皆の責任であることにすり替え て、
米国の原爆投下責任を回避したものだ。
 

 安倍首相のオバマ歓迎の言葉は見事だった。  

 よくもここまで、安倍首相は、自分のやってることと言ってる事の違 いを、平気で口に出来たものだ。  

 日本国民のオバマ歓迎は見事だった。  

 よくもここまであの時と同じ事を再現できたものだ。マッカーサー司令官が日本を離れる時に、何十万人もの日本国民が沿 道に並んでありがとうと感謝して別離を惜しんだ、あの時と同じだ。  

 日本政府の今回のオバマ優遇は見事だった。  

 よくもここまで、その他のG7の首脳との差別化が出来たものだ。

オバマ広島訪問を伝えるテレビ報道の
徹底ぶりは見事だった。  

よくもここまで、
オバマ歓迎の画像を流し、
オバマ広島訪問劇場を演 出したものだ。
 

 と、ここまで書いてきて、私のいう「見事」とは、もちろん皮肉を込 めて、「見事」であると言っているのだ。  

 しかし、これから書く事は、本当の意味で「見事」だ。  

 きょう5月28日の日経新聞に、前広島市長である秋葉忠利氏の言葉 が掲載されていた。  

 秋葉氏は次のように語っている。  

 今回が最後ではなく、最初になってほしいと。  

 この言葉こそ、今度のオバマの広島訪問を正しく評価する見事な意見だ。  

 オバマ大統領と安倍首相だけに、「現職米国大統領の広島訪問」の手柄を独占させて終わらせてはいけない。  

 今度のオバマの広島訪問実現によって、今後はそれが、もはや当たり 前の行事にするのだ。これからは、米国の大統領が誰になろうとも、日本の首相が誰になろうと も、新しい指導者が日米両国で誕生するたびに、広島訪問を日米間の恒例の行事にするのだ。

 そうすることによってのみ原爆投下の風化が防げる。  

 そうすることによってのみ核廃絶の気運が高められる。  

 オバマの広島訪問は、始まりに過ぎないのである(了)
by kuroki_kazuya | 2016-05-29 06:05 | 対米 従属 | Comments(0)