スキーにはまっています。


by 幸田 晋

杉山晋輔を外務次官に任命する安倍首相はたいした度胸だ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

杉山晋輔を外務次官に任命する安倍首相はたいした度胸だ

「天木 直人の公式ブログ」  2016年5月29日より転載

 発売中の週刊金曜日最新号が書いた。6月3日(金)に杉山晋輔外務審議官が外務事務次官に発令されると。

 これが事実なら驚きだ。

 なぜ私が驚くのか。

 その答えを、やはり発売中の週刊新潮(6月2日号)が、外務省関係者の言葉を借りて、次のように見事に教えてくれている。

 「杉山は93年8月から、当時の斎藤(斎藤邦彦)次官の秘書官を務めました。彼は次官に目をかけられていたから、幹部らが領収書や請求書を杉山に渡すと、次官の名で簡単に決済が下る。つまり機密費を意のままに動かせた。幹部もツケまわしのために重宝がって、杉山の名から『S基金』と呼んでいました・・・(2億円を下らないと推計できるその金は)料亭やクラブでの飲み食い、タクシー代の多額請求といったもの(に使われていました)・・・」

 この外務省関係者が実在する人物かどうかは知らない。しかし、あの佐藤優がそれを証言しているぐらいだから本当だ。

 佐藤優の証言を待たなくても、私が知っている。

 私が知っているくらいだから、外務省の幹部経験者は皆知っている。

 舛添都知事がなぜあそこまで批判されるのか。

 それは我々の税金を私的に流用した疑いが続出しているからだ。

 しかし、税金の流用ならば、外務省機密費の流用のほうが、はるかに悪質だ。

 しかも外務省の組織をあげた不祥事である。

 そして、外務省の組織をあげた機密費流用問題といえば、2001年に発覚した松尾事件につながる。

 ごまかして切り抜けたはずだった松尾事件が、いま再び火を噴けば、今度こそ外務省と言う組織は持たない。

 しかも、週刊新潮に出し抜かれたのだから、杉山氏の疑惑追及の元祖である週刊ポストが書かないはずはない。

 そうなればメディアが一斉に後を追う。

 果たして本当に6月3日に杉山次官が誕生するのか。

 もしそうなら安倍首相は、たいした度胸である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-05-30 06:25 | 日本の今後 | Comments(0)