スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中国と日韓の外交の違いは対米従属か自立かの違いである

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

中国と日韓の外交の違いは対米従属か自立かの違いである

「天木 直人の公式ブログ」  2016年7月16日より転載

 モンゴルを訪問中の安倍首相は朴槿恵韓国大統領と会話し、慰安婦合意を誠実に履行していく方針を確認したという。

 また安倍首相は朴大統領が米国の高高度防衛ミサイルを受け入れた事を支持する考えを伝えたという。

 これだけを見ると日韓関係は様変わりに改善したように見える。

 しかし、そう本気で考えるおめでたい国民はまずいないだろう。

 ましてや安倍首相と朴槿恵大統領の個人的関係が良いと思っている国民は皆無だろう。

 米国の圧力で強化されたみせかけの関係改善でしかない。

 その一方で、南シナ海問題をめぐる米中間の緊張がかつてないほど高まっている。

 しかし、米中が軍事的衝突に進むと見る国民はまずいない。

 米中は同時に話し合いを続けているからだ。

 そして中国がいくら激しく米国を批判しても、米国が中国との対話を閉ざす事はない。

 これを要するに、中国と日韓の違いは、国民の為の対米自立外交をしているか、国民の批判を抑えてまで対米従属外交に走っているかの違いである。

 どちらが正しいかは言うまでもない。

 対米自立外交は国を強くし、対米従属外交は国を不健全にする。

 それを、中国、日本、韓国の外交が教えてくれているのである(了)
by kuroki_kazuya | 2016-07-17 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)