スキーにはまっています。


by 幸田 晋

今や最大の野党となった小池百合子

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

今や最大の野党となった小池百合子

「天木 直人の公式ブログ」  2016年8月2日より転載

 東京都知事選の小池百合子圧勝から一夜があけ、その衝撃の大きさをメディアが見事に教えてくれている。

 テレビも新聞もこの話題で持ち切りだ。

 そして、小池報道はこれからもますますヒートアップするだろう。

 なぜか。

 それは東京都知事選を境にして、もはや安倍政権の最大の野党は小池百合子になったからだ。

 野党共闘がどんなに負け惜しみを言い張っても、今度の敗北は致命的だ。

 民進党は分裂する。

 分裂しないまま続けば民主党はさらに低迷する。

 もはや民進党は野党第一党の役割を果たせない。

 その一方で共産党の未来もない。

 共闘の相手がいなくなるのに、まだ野党共闘の成果をことさらに強調し、これからも野党共闘を続けると叫び続けている。

 自らの首を絞めているようなものだ。

 共産党は元に戻ればばいいのだ。

 それが健全野党としての唯一の生き残りだ。

 戻れないなら自滅するしかない。

 これを要するに、日本の政治から野党がなくなるという事だ。

 しかし、政治に野党がなくなることはない。

 暴政に反抗する国民の声がある限り、その受け皿が必要だからだ。

 いま小池百合子はまさにそれになろうとしている。

 はたして小池百合子にそれができるのか。

 既存の野党は小池叩きに必死だ。

 彼女の過去の言動を引き合いに出して、やれ核武装論者だ、日本会議メンバーだ、やれ政治資金スキャンダルだ、と騒ぐ。

 しかし、小池百合子は、今度の都知事選で崖から飛び降りた。

 その時点でもはや過去の小池百合子ではなくなった。

 そして、今度の都知事選で勝ち、都民の一票のありがたさを身に染みて感じた。

 彼女が繰り返して言っているように、もはや小池百合子は都民を裏切ることは出来ない。

 それでは、都民は彼女に何を期待したか。

 それはズバリ、安倍首相の間違った政策にストップをかけてくれということだ。

 野党共闘には、もはやそれが期待できないから、代りにそれをやってくれということだ。

 小池百合子はいまや最大の野党になった。

 私がそう決めつける理由がここにある。

 そして、その成否を握るカギは憲法9条にある。

 安倍政権の数ある暴政の中で、最悪なものは憲法9条の否定である。

 なにしろ右翼でありながら、天皇陛下の護憲のお気持ちを踏みにじっているからだ。

 小池百合子はここに気づかなければいけない。

 過去と決別し、天皇陛下の大御心に寄り添って憲法9条を大切にするのだ。

 そんな小池百合子を安倍自民党は潰すことは出来ない。

 そんな小池百合子を野党が批判することは出来ない。

 小池百合子は変わるのだ。

 変わらなければいけない。

 あの小泉純一郎でさえも、たとえ原発政策の過去の間違いを認めて詫びたのだ。

 変われないはずがない。

 読者の中に小池百合子支持者がいたら、私の子の助言を一刻も早く伝えるべきだ。

 安倍政権と野党の双方に潰される前に伝えるべきである(了)

*****





小池東京都知事への対応でも安倍首相に勝てない野党共闘

「天木 直人の公式ブログ」  2016年8月2日より転載

 小池百合子氏が東京都知事選に「先出じゃんけん」で手を挙げたのは参院選が始まる直前だった。

 その時私は書いた。

 「安倍首相は愚かだ。私が安倍首相なら小池百合子を公認して抱き込み、安倍長期政権を確実にする」と。

 まさしく安倍首相は過ちをおかした。

 しかし、過ちに気づいて見せた変わり身の早さはさすがだ。

 8月1日の自民党役員会で、「今回の民意をかみしめて、都民と力を合わせて取り組んで行きたい」と述べたという(8月2日東京新聞)。

 石原や内田の自民党都連の責任を問い、小池百合子の除名を見送る動きを見せる自民党(8月2日)を黙認しているごとくだ。

 それにくらべ、ここでも野党共闘側の対応は対照的だ。

 いまになっても小池百合子への警戒と批判を続け、今後も野党共闘で安倍政権を倒すと繰り返すしか能がない。

 安倍自民党政権と戦って勝った小池東京都知事と協力すると、なぜ言えないのか。

 ここでも野党共闘側は、安倍首相に負けている。

 いまの野党共闘では安倍政権を倒す事など夢のまた夢だ(了)
by kuroki_kazuya | 2016-08-03 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)