スキーにはまっています。


by 幸田 晋

天皇陛下を怒らせた安倍首相の大失策

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

天皇陛下を怒らせた安倍首相の大失策

「天木 直人の公式ブログ」  2016年8月10日より転載

 天皇陛下のお言葉をめぐり、さまざまな論評がおこなわれている。

 しかし、そのお言葉の核心を言い当てたものは見当たらない。

 核心とは何か。

 それは、天皇は国事行為を行うだけの単なるお飾りではない。

 天皇は国民の象徴であるとともに、国民統合の象徴である。

 というお言葉の一節である。

 今上天皇ほど、憲法に定める象徴天皇制について真剣に思いをめぐらす者がいただろうか。

 今上天皇が生前退位を唱え出したのは、高齢によりその任務が思うように出来なくなったことにあるが、その事は、取りも直さず、天皇は政治の言いなりになってはいけない、という強い思いがあるからだ。

 その思いは、お言葉が発表された8月8日の夜8時から放映されたNHKスペシャル「象徴天皇・模索の歳月」のなかのエピソードで見事に証明されている。

 すなわち、あの番組では繰り返しあるエピソードが流された。

 高齢化を心配する天皇陛下を心配した宮内庁高官が、象徴天皇であるから何もしなくてもよろしいのです、天皇であり続けるだけでいいのです、国民もそのところは良く理解してくれるでしょう、と、生前退位に反対する意見を述べた時、「それは違う」と強く否定された、そういうエピソードのことだ。

 そのようなやり今上天皇と宮内庁高官の間で行われていたのだ。

 これを要するに、お飾りだけなら、いっそ退位した方がいいということだ。

 今上天皇のこの二律背反的な思いこそ、こんどのお言葉の核心なのだ。

 そして、その思いの根底には天皇陛下の安倍首相に対する強い怒りがある。

 国民統合の象徴としての天皇のなすべき事は何か。

 それを日々考え、被災地訪問や平和の旅を繰り返し、国民と共にあろうと努めてきたのに、それをことごとく否定する政策を進める安倍晋三という男は一体何様だ。

 自分の目の黒いうちに勝手な真似はさせない。

 しかし、それが高齢でかなわなくなりつつある。

 そうであれば、いっそ生前退位をし、天皇の思いを継続させたい。

 これこそが、今度のお言葉の核心なのだ。

 国民統合の象徴としての今上天皇を怒らせた安倍首相は大失策をおかした。

 他の失策なら、弱小野党と御用メディアを相手にごまかして乗り切る事が出来ても、国民統合の象徴としての天皇を怒らせる失策をおかしたまま、首相を続けることは出来ない。

 もはや安倍首相はこれまでの安倍首相ではいられない。

 これまでの政策を改めるか、さもなければ首相の座をよりふさわしい政治家に譲るしかないだろう。

 ここまでの強い政治的メッセージを発した今上天皇は憲法に定める天皇の政治的行為禁止に反する事にならないのか。

 そのおそれはある。

 しかし憲法違反を繰り返す安倍首相にその事を批判することは出来ない。

 ここでも安倍首相は天皇陛下にかなわないのである(了)

*****





臨時国会が9月下旬にずれ込む理由

「天木 直人の公式ブログ」  2016年8月10日より転載

 重要法案が山積の臨時国会の召集が9月下旬にずれ込むらしい。

 きょう8月10日の読売新聞がそう書いた。

 自民党の二階幹事長が9日の記者会見でそのことに言及したからだ。

 9月13日召集、会期90日間というのは、重要法案を通すために安倍首相周辺が周到に練り上げた国会日程であったはずだ。

 それをなぜ二階幹事長が遅らせようとするのか。

 読売新聞のその記事は、その理由を次のように書いている。

 民進党に恩を売るためだと。

 すなわち民進党の代表選は民進党の都合で9月15日投開票にずれ込んだ。

 もし9月13日に臨時国会が召集されると、岡田代表が代表質問を行う事になる。

 代表質問は民主党の新代表、すなわち蓮舫にさせたあげようという配慮だという。

 確かに民進党にとっては何としてでも臨時国会の延期は代表選の後にしてもらいたいだろう。

 なにしろ死に体の岡田代表が代表質問をするようでは笑い話になるからだ。

 張り切って民進党代表になる蓮舫の出鼻がくじかれるからだ。

 しかし、こんな配慮をしてももらうような民進党は臨時国会で安倍自民党に頭があがらなくなる。

 ましてや、臨時国会の延期を民進党が自民党にひそかに頼んでいたとすれば終わりだ。

 どこまで行っても救いがたい民進党である。

 これで、9月から始まる臨時国会もまた八百長国会で終わる事は間違いない(了)
by kuroki_kazuya | 2016-08-11 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)