スキーにはまっています。


by 幸田 晋

南スーダン深刻な内戦状態

南スーダン深刻な内戦状態

自衛隊の任務拡大なら
「殺し殺される」事態に


しんぶん赤旗 2016年8月26日(金)より一部

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-26/2016082601_01_1.html

安倍政権は、安保法制=戦争法にもとづき、自衛隊に国連平和維持活動(PKO)での「駆けつけ警護」など新任務の訓練開始を決定しました。しかし、新任務を想定する南スーダンは事実上の内戦状態で、PKO参加原則である停戦の維持も、当事国の同意も危うくなっています。「戦争法」発動による任務拡大となれば、憲法が禁じる武力行使となり、「殺し殺される」ケースになりかねません。

 南スーダンでは、7月7日に首都ジュバでキール大統領派とマシャール副大統領派の戦闘が再開し、マシャール氏が国外に脱出するなど、政情不安が続いています。これに対し国連安保理は今月、周辺地域諸国からの新たな部隊派遣を決定しましたが、事態の複雑化や新たな緊張の火種になりかねない状況です。

 和平の事実上の崩壊のなか、兵士による民間人襲撃、国連機関の備蓄や備品の略奪が発生しました。

 混乱と緊張は地方でも続いており、中部ジョングレイ州では21日、マシャール派が政府庁舎を襲撃し、同部隊の100人以上が死亡、政府軍に20人の死者が出ました。北部ユニティ州で政府軍と反対派の間の戦闘が激化し、20日までの1週間で数千人が家を逃れたと報じられています。

 国連安保理は12日、4000人規模の「地域保護軍」の派遣を決定しました。東アフリカの地域組織「政府間開発機構」(IGAD)が5日に拡大首脳会議を開いて派遣を承認していました。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-08-27 06:43 | 軍事 | Comments(0)