スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「王様は裸だ」と言えない大手新聞

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

「王様は裸だ」と言えない大手新聞

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月3日より転載

 今の大手新聞は、みな安倍首相に対して「王様は裸だ」と言えない状態に金縛りだ。

 「王様は裸だ」という言葉を「アベノミクスは失敗に終わった」という言葉に置き換えてみたらいい。

 「王様は裸だ」という言葉を「原発アンダーコントロールは大嘘だ」と言う言葉に置き換えてみたらいい。

 「王様は裸だ」と言う言葉を「拉致問題の解決は安倍政権では無理だ」という言葉に置き換えてみたらいい。

 「王様は裸だ」という言葉を「慰安婦問題の不可逆合意はいかさまだ」という言葉に置き換えてみたらいい。

 「王様は裸だ」という言葉を「安倍首相と習近平の日中関係は改善不可能だ」という言葉に置き換えてみたらいい。

 誰もがその通りだと思っている事が書けないのだ。

 そして、今度は安倍首相の訪ロである。

 安倍首相が訪ロしてプーチン大統領と会談した。

 しかし、この訪ロがほとんど成果のないパフォーマンスであることは、識者は皆知っている。

 いや、外交に素人の国民でもわかる。

 ところが大手新聞はどう報じたか。

 すべての新聞がきょうの一面トップでこう書いている。

 「プーチン氏来日合意 首相、領土問題に『手応え』」(読売)
 「領土問題 交渉加速を確認 日ロ首脳11月にも会談」(朝日)
 「日露首脳年内2回会談 首相 領土問題に強い意欲」(毎日)
 「首相『領土発展へ手応え』 プーチン氏来日12月15日会談」(日経)
 「首相『領土交渉に道筋』、日露11月に再会談」(産経)

 これら一面トップの見出しはすべて首相官邸の言葉の垂れ流しだ。

 王様は裸である事を知っていながらそうは書けないのだ。

真実を隠す大手新聞が
この国のメディアをリードし、
国民に本当の事を教えないのだから、
日本の政治が良くなるはずがない。


そんな大手新聞の中でただ一つ、
安倍首相の今度の訪ロを一面で無視した新聞がある。

外報面で取り上げ、
安倍首相とプーチン大統領の
思惑のすれ違いを書いた新聞がある。

それは東京新聞だ。

そこにかすかな救いを見る(了)


*****




毒まんじゅうを食わされた候補者ばかりの民進党代表選

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月3日より転載

 民進党の代表選挙の報道をみると、みな推薦人を集めるのに苦労していることがわかる。

 先頭を走る蓮舫候補には社民党系の赤松派がいち早く支持表明したらしい。

 推薦人集めに苦労した前原候補は小沢一郎にすがり、玉木候補には菅直人が近寄ったらしい。

 みな、「代表選に勝つため」、「出馬するため」に、こころざしと違う人物の毒まんじゅうを食べるしかなかったというわけだ。

 こんな代表選挙では、誰が勝っても国民の支持を取り戻す事は出来ない。

 安倍首相と負け比べをしているようでは政権交代など夢のまた夢である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-09-04 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)