スキーにはまっています。


by 幸田 晋

パリ協定批准の米中共同発表は安倍外交の敗北の裏返しだ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

パリ協定批准の米中共同発表は安倍外交の敗北の裏返しだ

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月4日より転載

 米中両政府はきのう9月3日、地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」を批准することで合意したと共同発表した。

 これをきょう9月4日の各紙が、あたかも衝撃的な大事件のように一斉に大きく報じた。

 しかし、これは想定できたはずだ。

 すでに地球温暖化防止のための温室効果ガスの削減については2014年に北京で行われたオバマ・習近平首脳会談で原則合意していた。

 それに基づき、昨年12月の国連気候変動会議(COP21)では、米中主導でパリ協定が採択された。

 まもなく任期を終えるオバマ大統領と、G20のホスト国として「責任ある大国」を誇示したい習近平主席が、最後の首脳会談のタイミングに合わせて共同発表することは十分に予想できたのだ。

 それだけではない。

 中国は1997年の京都議定書を葬り去って、地球温暖化防止は中国主導のパリ協定で行うのだと宣言したのだ。

 お粗末なのは安倍政権の対応だ。

 山本公一環境相は9月2日の閣議後の記者会見でこう強がりを言ったらしい。

 「米中が締結してもまだ発効には及ばない。日本と言う先進国が果たす役割がある」と(9月4日朝日)。

 笑止だ。

 孤立化をおそれてあわてて批准せざるを得ない。

 そうでなくても米国の圧力で批准せざるを得ない。

 どうせ批准をしなければならないのなら、米中発表に先駆けて、そして中国がホストするG20に先駆けて、日本は批准の意向を表明をすべきだったのだ。

 それが外交というものだ。

 笑ってしまうのは、もはやヒラリーもトランプも否定したTPPの批准を最優先して、パリ条約の批准を後回ししようとしていたことだ。

 これほどのピント外れはない。

 成果のない外遊を繰り返す暇があれば、安倍首相は真っ先に官僚に命じるべきだったのだ。

 米中の先を越して発表するように準備を急いでおけと。

 中国包囲網づくりにあれほど狂奔する安倍首相をあざ笑うように、習近平主席は安倍首相を地球温暖化問題で包囲した。

 今度のパリ条約批准に関する米中首脳の共同発表は、安倍外交の敗北の裏返しに他ならない(了)

*****




米国の反対で潰されたクロマグロ合意

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月3日より転載

 クロマグロ規制の合意が出来ないまま北太平洋まぐろ委員会が閉幕したらしい。

 これによって日本のマグロ漁業の安定的捕獲はまた先送りされた。

 日本国民にとっては残念な結果に終わった。

 なぜ合意が得られなかったのか。

 米国が日本提案に反対したからだときょう9月3日の各紙が報じている。

 これほどまでに日米関係重視して、国民の血税を米国につぎ込んでいると言うのに、自国の環境団体への配慮を優先して米国政府は反対にまわったのだ。

 米国政府はどこまでも日本を軽く見れば気が済むのか。

 そんな米国に文句のひとつも言えない日本政府は国民の為の外交をやっているのか。

 そういう声が出てもおかしくはないのに、日本政府は米国を説得するしかないと繰り返す。

 それをメディアは当たり前のように報道する。

 日本がダメになるのも無理はない。

 割を食わされるのは何も言えない日本国民である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-09-05 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)