スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中国包囲網が築けなかった安倍外交の大失策

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

中国包囲網が築けなかった安倍外交の大失策

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月9日より転載

 中国杭州で開かれたG20から始まって、ラオスのビエンチャンで開かれた東アジア首脳会議で終わった中国と日米の海洋覇権をめぐる外交戦は、見事に日米の敗北に終わった。

 ことわっておくが、私は海洋の軍事覇権をめぐる中国と日米の争いのいずれかに与するものではない。

 憲法9条が最善、最強の安全保障政策であると確信する私にとっては、目の前に繰り広げられている習近平とオバマ・安倍の覇権争いは、どちらも間違いだと考えるからだ。

 しかし、ここ一週間の中国と日米の覇権争いを、外交力のせめぎ合いという観点から見れば、見事な中国の勝利だ。

 なぜか。

 それは中国が国力のすべてをあげて外交戦を戦ったからだ。

 それに比べ、日米には外交力はない。

 軍事力ですべてを解決して来た米国には、そもそも外交というものはない。

 おまけに死に体のいまのオバマ大統領の外交に見られるものは、功績を残すことばかりだ。

 長期的な展望など望むべくもない。

 ましてや、米国に従属するほかはない安倍首相のパフォーマンス外交が、国家の威信と自らの権力保持を賭けた習近平の外交に勝てるはずがない。

 その結果どうなったか。

 さすがにきょう9月9日のすべての大手新聞が総括している。

 あらゆる機会を使って中国包囲網を訴えたが奏功せず、米国のアジア外交重視も、日本の日中関係改善も、先行き不透明で終わったと。

 いまや安倍首相の御用新聞となった大手新聞でさえそう書かざるを得なかったのだ。

 おまけにオチまでついた。

 中国包囲網の手先であるはずのフィリピンの大統領がオバマ大統領に暴言を吐いて首脳会談中止という前代未聞の事件が起きた。

 これほどまでに対米従属を重ねて来た安倍首相が、オバマ大統領の最後の外遊、しかも最後のアジア外遊で、そして対北朝鮮やた中国包囲網で協力しなければいけない最も重要な時に、オバマ大統領との最後の首脳会談が、オバマ大統領の都合で、かなわなかったのだ。

 これが日米同盟の正体である。

 日本外交の前途は多難だ。

 安倍首相が首相でいる限り外交は衰退し、その後に誰が首相になっても、日本外交を取り戻す事は至難である(了)

*****




イラク戦争支持を撤回しなかった小泉元首相発言の衝撃

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月9日より転載

 きのうの日刊ゲンダイ(9月9日号)で知った。

 小泉純一郎元首相が、おととい9月7日に外国特派員協会で記者会見を開いたというのだ。

 それがトモダチ作戦で被爆した元米兵の救済のために設立した基金の宣伝であることは知っていた。

 その発言の中で、小泉元首相が、安倍首相のアンダーコントロール発言を批判したことは知っていた。

  しかし、外国特派員から「イラク戦争で米国を支持したのは間違っていたのではないか」と聞かれ、それに答えていたとは知らなかった。

 すなわち、小泉元首相は次のように答えたという。

 「日本が反対しても米国が戦争を始めることはわかっていた。同盟国としての重要性を私は重視した。現在、英国で当時のブレア首相の参戦判断について、検証されていることは承知している。私も国会に呼ばれれば喜んで行ったが、民主党政権の時も呼ばれなかった」と。

 これは物凄い発言だ。

 おそらく小泉元首相がここまで具体的にイラク戦争に賛成した事について語ったのは、首相在任中も、首相を辞めた後も、これがはじめてではないか。

 この発言を日刊ゲンダイはこう評価している。

 「イラク戦争について、安倍政権に小泉喚問を期待するだけムダ。だから、居直りが許されるのだ」と。

 確かに居直りだ。

 しかし、私は単なる居直りではないと思っている。

 彼は国会で呼ばれれば、喜んで行ったと発言したのだ。

 その言葉に偽りはないだろう。

 いまでも国会に呼ばれたら拒否しないだろう。

 小泉元首相は単に居直っているのではなく、その時の自分の判断を率直に語って国民の間に、どうすればよかったのか、答えを国民に迫ろうとしているのではないか。

 もし国民がイラク検証を望み、野党がその国民の声を受けて国会招致を安倍政権に求めるなら、小泉元首相は応じるというだろう。

 小泉元首相が応じると言っている以上安倍首相は拒否できない。

 拒否すれば国民の反発を受ける。

 小泉元首相が原発政策で見せた安倍政権批判が本物なら、安倍政権が拒否しようとも、自分はいつでも国会で証言すると言い出すだろう。

 問われているのは小泉元首相の責任だけではない。

 イラク戦争の検証を求める市民団体と野党の本気度が問われているのだ。

 いまここで小泉元首相を国会に招致してイラク戦争の検証を行わないようでは、日本はイラク戦争の検証を二度と出来なくなるだろう。

 この日刊ゲンダイの記事は重要だ。

 この小泉元首相の発言を完全にスルーした大手新聞は、メディアとして絶望的である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-09-10 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)