スキーにはまっています。


by 幸田 晋

北朝鮮の核実験騒ぎの中でゴルフを楽しんでいたオバマ大統領

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

北朝鮮の核実験騒ぎの中でゴルフを楽しんでいたオバマ大統領

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月11日より転載

 きょう9月11日の読売新聞「ワールドビュー」というコラムで、小川聡というアメリカ総局長が次のように書いている。

 「・・・(北朝鮮の核実験の実験の成功により)日本にとって核の脅威は段違いに大きくなった。だが、実験が行われた8日(米国時間)、CNNテレビは核実験をほとんど取り上げず、大統領選をめぐる討論番組を延々と放送していた。オバマ大統領は9日、ゴルフに出かけた。北朝鮮の核の脅威は、米国では日本ほど深刻に受け止められていないように見える・・・」

  これが日米同盟の現実である。

  対米従属一辺倒の日米同盟でいいのか、我々は真剣に考える時が来ているということである(了)

*****




「北の核弾頭小型化は本物だ、ミサイルをもっと買え」ということだ

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月11日より転載

 きょう9月11日の朝日新聞がワシントン発の一段の小さな記事で、米国防総省のデービス報道部長の発言を紹介していた。

 「(北朝鮮の主張する核弾頭の小型化の成功について)能力を得るのは特に難しくはない。彼らの言葉通りに受け取り、主張が本当であると想定する」と言ったらしい。

 そしてその後で、米国防総省の報道部長はさらに次のように語ったと朝日のその記事は報じている。

 「その想定に基づき、防衛手段を講じなければならない」とし、ミサイル防衛の必要性を強調したと。

 何のことはない。

 もっと米国の迎撃ミサイルの数を増やせというわけだ。

 日本も韓国のように高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)を買えということだ。

 まるでマッチポンプだ。

 一連の北朝鮮の挑発行動は、米国とつるんで仕組まれたものではないのか。

 そう思いたくなるような、絶妙な米国防総省報道部長の発言である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-09-12 06:15 | 日本の今後 | Comments(0)