スキーにはまっています。


by 幸田 晋

沖縄はいまこそ砂川判決再審請求訴訟と共闘せよ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

沖縄はいまこそ砂川判決再審請求訴訟と共闘せよ

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月18日より転載

 福岡高裁那覇支部は16日、沖縄敗訴の判決を言い渡した。

 立憲主義を否定する安倍政権のもとで行われる裁判だから沖縄に不利な判決が出るとは予想していたが、ここまで一方的に安倍政権を代弁する判決になるとは思っていなかった。

 翁長知事の沖縄が上告するのは当然だ。

 私は沖縄タイムスから判決についての感想を求められ、すぐに800字程度の文章を寄稿した。

 それはあす19日の沖縄タイムスにそのまま掲載されるのでここで添付はできないが、一言でいえば、これからの沖縄の司法との闘いは砂川判決再審請求訴訟と共闘して、日本全体を巻き込む基地闘争にすべきだというものだ。

 なぜ私がそう書いたか。

 それは、今度の福岡高裁の判決は、田中耕太郎最高裁長官が、マッカーサー駐日米国大使(筆者註:日本占領時のマッカーサー司令官の甥)と密談し、「在日米軍は違憲」と断じた東京地裁の名判決(伊達判決)を最高裁で差し戻した、あの1959年12月の不当判決の再現だと思ったからだ。

 ほぼ時を同じくして争われていた厚木基地騒音訴訟では、米軍機の飛行差し止め請求を最高裁第一小法廷はあっさり却下した(9月15日)

 この国の司法は田中耕太郎最高裁長官以来、終始一貫して、憲法より日米同盟を優先してきたのだ。

 こんな間違った司法をこれ以上許してはいけない。

 沖縄の本当の闘いは今度の沖縄敗訴の判決から始まる。

 そしてその闘いはもはや沖縄だけの闘いではない。

 米軍基地を抱える日本全体の問題だ。

 沖縄はその先頭に立って闘って欲しい。

 最後に勝利するのは沖縄だ。

 正義は沖縄にある。

 そう書いて私は翁長知事の沖縄にエールを送った。

 それはそのまま、いまの私の率直な感情である(了)

*****


「落とし前をつける」と言った政治家野田佳彦の言葉の意味

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月18日より転載

 民進党の幹事長を引き受ける時に、政治家野田佳彦は「落とし前をつける」と言った。

 これは、「借りは返す」というやくざ言葉であり、政治家が口にするものではないという批判が噴出している。

 確かにそのとおりだ。

 あのISがバクダッドに迫った時、それを報じる日本のテレビは、彼らは「落とし前をつけるために帰って来た」と言ったと訳した。

 その時の意味は、米国が我々にした悪行のかぎりに、いまこそ復讐するために帰って来たというわけだ。

 しかし、野田佳彦を弁護するわけではないが、さすがに野田佳彦は、そんな意味で言ったのではないだろう。

 あの言葉は、自らの失敗を清算するという意味で言ったのだと思う。

 野田佳彦の落とし前発言の本当の問題は、むしろその後に語った言葉だ。

 彼は落選させた議員(つまり子分)に申し訳ないといった。

 次は必ず当選させるために幹事長になったと言ったのだ。

 これこそが問題発言なのだ。

 裏切って申し訳なかった、と国民に詫びて、その責任を取るべく、今度こそ安倍暴政を倒すために幹事長を引き受けたと、嘘でもいいからそう言うべきだった。

 そんな嘘もつけないほど、選挙で仲間を当選させ、党勢を拡大することしか頭にない。

 この事こそ大問題なのだ。

 政治家が自分たちの事しか考えない税金泥棒であることを見事に証明した野田佳彦の「名せりふ」である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-09-19 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)