スキーにはまっています。


by 幸田 晋

今度は憲法9条が天皇陛下を守る番である

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

今度は憲法9条が天皇陛下を守る番である

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月25日より転載

 慎重姿勢を見せていた安倍首相が、一転して天皇の生前退位に向けて舵を切った。

 有識者会議を発足させ、宮内庁人事を官邸主導で入れ替え、皇室典範に手を付けることなく、来年の通常国会に特措法を提案して済ませようとしている。

 ここまで急ぐ理由は明らかだ。

 生前退位のお言葉と、ご高齢の天皇に同情する圧倒的世論を逆手にとって、憲法9条改憲の邪魔になる今上天皇に「お引き取り」願うためだ。

 戦後の日本の国是は、天皇制の維持(昭和天皇の免責)、憲法9条(再軍備禁止)および日米安保体制(日本を守るという名の米軍による日本占領の恒久化)の三位一体であった。

 この矛盾と不幸を、誰よりも身をもって知っていたのが今上天皇だった。

 だからこそ、誰よりも憲法9条を守る努力を実践され、憲法9条こそが日本の国是の中心であるべきだと、その行動で国民に訴えられた。

 その今上天皇の魂の叫びを、安倍首相は、おそれおおくも、生前退位有識者会議における議論という隠れ蓑を使って、葬り去ろうとしている。

 野党不在の今の政治が、やすやすと、そのような安倍首相の暴挙を見逃そうとしている。

 象徴である今上天皇は、あのお言葉を発した後は、もはやなす術はない。

 それをいいことに今上天皇の願いを無きものにしようとするとは、許せない暴挙だ。

 数ある安倍首相の暴挙の中でも、これだけは許せない暴挙だ。

 今度は、憲法9条が今上天皇を守る番だ。

 今上天皇に守られてきた憲法9条が立ち上がる時だ。

 沈黙し続けてきた憲法9条が、はじめて怒りの声を上げる時である。

 そのことを、政治の場で正面から主張し、国民に気づかせる政党が出てこなくてはいけない。

 いまこそ新党憲法9条の出番である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-09-26 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)