スキーにはまっています。


by 幸田 晋

勝負あった安倍自民党と蓮舫民進党の改憲論争

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

勝負あった安倍自民党と蓮舫民進党の改憲論争

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月30日より転載

 だだでさえ馬鹿らしい国会論争であるというのに、本会議における代表質問ほど馬鹿馬鹿しいものはない。

 お互いが紙に書いた自らの主張をがなり立てるだけで、まるで論争になっていないからだ。

 だから国会で何が行われているかは、翌日の新聞で知るだけで十分だ。

 そして、きょう9月30日の読売と朝日が瓜二つの記事を書いた。

 安倍首相はきのう29日の参院本会議で憲法改正について自民党の改正案にこだわらない考え方を示したと報じた。

 日本の主要紙を二分する天下の読売と朝日が書いたのだから、この首相の発言がいかに重要であるか、ということだ。

 そして、これから本格的に始まる憲法論争の行方は、これできまりだ。

 安倍首相は馬鹿ではなかったということだ。

 まさか私の助言に耳を傾けたわけではないだろうが、憲法論議を有利に運ぶためには、安倍自民党はあの出来の悪い自民党憲法改正草案をさっさと撤回したほうが得策なのである。

 逆に言えば、蓮舫民進党は、あの出来の悪い自民党の改正草案を撤回させずに白日の下にさらし、そのひとつひとつを、国民の前で、徹底的にたたくだけでよかったのだ。

 これで安倍首相は蓮舫民進党に、今度は民進党の番だ、民進党の対案を示せと、ますます強く詰め寄ることができる。

 そう言われたら、内部でまとまっていない民進党は対案が出せない。

 攻守逆転となる。

 そして、ただでさえ焦点の定まっていない改憲論争が、ますます訳の分からない泥仕合になっていく。

 国民はますます関心をもてなくなり、論争をやっている国会議員も何をやっているのかわからなくなる。

 改憲論争は、蓮舫民進党のオウンゴールで、出だしから安倍首相に有利になってしまった(了)

*****





昭恵夫人は決して安倍首相にとって良妻ではないと思う

「天木 直人の公式ブログ」  2016年9月30日より転載

 慰安婦問題についての日韓合意に反対する韓国の元慰安婦や市民団体が、日本政府が拠出した「癒し金」を元慰安婦に渡す時に、安倍首相の謝罪の手紙を添える事を求めているという。

 韓国政府もそれを期待していると言っている。

 ところが安倍首相はそれに応じる風ではない。

 愚かだ。

 そんな手紙を書くことであの日韓合意が本物の不可逆的合意になるのからこれ以上お安い事はない。

 そしてもし安倍首相が謝罪の手紙を書けば間違いなく慰安婦問題は一区切りつく。

 それどころか安倍首相の決断で安倍首相は評価をあげるに違いない。

 謝罪の手紙などいくらでも表現でごまかせる。

 なぜ安倍首相は手紙を書くという知恵がまわらないのか。

 手紙を書いたほうがいいと助言をする側近はいないのか。

 そう思ったところで、私は安倍昭恵さんの存在を思い出した。

 昭恵夫人は安倍首相のためなら何でもやると言っている。

 だったらなぜ昭恵夫人は安倍首相に助言しないのだろう。

 昭恵夫人なら元慰安婦の気持ちはわかるだろう。

 そして昭恵夫人が本気で助言すれば安倍首相は従うだろう。

 昭恵夫人この問題についてひとことも助言をしないようであれば、昭恵夫人は安倍首相にとって決して良妻ではないと私は思う(了)
by kuroki_kazuya | 2016-10-01 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)