スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<再処理機構>「原燃引き締め」未知数

<再処理機構>
「原燃引き締め」未知数


河北新報 10月4日(火)13時0分配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000017-khks-pol

 3日に発足した認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は、核燃料サイクル事業の新たな中核組織となる。再処理費用を確保し、日本原燃の監督も担う。ただ機構が、成果を出せない原燃の手綱を引き締め、事業を着実に推進できるかは未知数だ。

 機構設立の背景には、サイクル事業継続への国の懸念がある。再処理工場(青森県六ケ所村)の度重なる完成遅れに加え、原発停止や電力小売り自由化で電力各社の経営環境も激変。認可法人化することで国の関与を強め、電力各社が機構に再処理費用を拠出することを義務付けた。

 開所式に出席した電気事業連合会の広江譲副会長は「自由化による激しい競争で、電力業界を取り巻く環境は厳しい。機構設立はまさに懸念に対する回答だ」と強調した。

 受託事業者となる原燃は再処理工場の完成時期を23回も延期。企業統治(コーポレートガバナンス)の脆弱(ぜいじゃく)性も指摘されてきた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-10-05 06:53 | 核 原子力 | Comments(0)