スキーにはまっています。


by 幸田 晋

批准を急げば今からでも間に合うパリ協定会合参加

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

批准を急げば今からでも間に合うパリ協定会合参加

「天木 直人の公式ブログ」  2016年10月7日より転載

 パリ協定が11月4日に発効する事になり、その第一回締約国会合が11月7日からモロッコで開かれる。

 ところが主要国の中で日本だけがその会議に参加できないという。

 批准が間に合わないからだ。

 もし、パリ協定に日本が欠席するようなことになると、前代未聞の外交大失態だ。

 およそ私の記憶ではこんな事はこれまでなかった。

 ましてやパリ協定は、オバマ大統領が「歴史はパリ協定を地球の転換点と見なすだろう」とまで絶賛する重要な国際協定だ。

 おまけに日本は1997年の京都議定書合意を取りまとめ、環境重視を世界に示した国だ。

 今度のパリ協定締約国初会合に、オブザーバー参加するしかないなどということは歴史に残る外交汚点だ。

 しかしである。

 批准を急げばまだ間に合うのだ。

 きょう閣議決定し、直ちに国会に提案して批准すれば間に合う。

 EUだって、インドだって、乗り遅れまいと異例の手続きで批准を急いだではないか。

 それが当たり前の対応だ。

 野党も反対しないし、出来ない。

 おまけに安倍一強の今の政治状況だ。

 安倍首相がその気になれば何でもできる政治状況にある。

 安倍首相は、改憲やTPPや北方領土問題などにうつつを抜かす暇があったら、パリ協定批准にこそ、その指導力を発揮すべきだ。

 そうすれば皆がスタンディングオベーションを送るだろう。

 それに気づかない安倍首相はつくづくピント外れだと思う(了)
by kuroki_kazuya | 2016-10-08 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)