スキーにはまっています。


by 幸田 晋

民進党はウィキリークスの助けを借りてTPPを阻止せよ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

民進党はウィキリークスの助けを借りてTPPを阻止せよ

「天木 直人の公式ブログ」  2016年10月13日より転載

 ウィキリークスの創始者であるアサンジュは、ヒラリー・クリントンは戦争屋だから米国の大統領にさせてはいけないと言って、ヒラリーに不利になる内部告発情報を流してきた。

 そのアサンジュが、11日のメールで、ヒラリーに不利になる最新情報を公表したらしい。

 きょう10月13日の産経新聞が、そのことをワシントン発小雲規生記者のスクープ記事で教えてくれた。

 つまりヒラリー・クリントンは昨年10月にTPPが大筋合意された時、自分が大統領になったらTPPを再交渉して実現させるというシナリオを見据えていたというのだ。

 おりから国会ではTPP審議が本格化する。

 安倍政権はTPPの批准を強行しようとしてる。

 安倍政権の考えを代弁する読売新聞などは、再交渉すれば日本に不利になるから、今のうちに批准すべきだとまで、社説で書いている。

 それがいかにピント外れであるかをウィキリークスは見事に教えてくれた。

 クリントンが大統領になれば、TPPを止めるのではなく、再交渉すると言い出すことは、これで間違いない。

 そして、その時は、さらに日本に不利な要求を突きつけてくる。

 なぜならば、TPPを米国議会に納得させるためには、米国の労働者や企業により利益をもたらすものにしなければいけないからだ。

 TPPの再交渉を迫られることが明らかになった以上、今国会で強行批准する理由はどこにもなくなった。

 むしろ、安倍政権がいまなすべきは、再交渉に向けて日本の国益を守るように作戦を練る直すべき時だ。

 民進党は、いまこそ安倍首相にそう国会で迫るべきだ。

 民進党は、アサンジュがくれた格好のチャンスを今こそ活かすべきである(了)
by kuroki_kazuya | 2016-10-14 06:35 | 日本の今後 | Comments(0)