スキーにはまっています。


by 幸田 晋

一面トップで報ずべきドゥテルテ大統領の対米決別宣言

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

一面トップで報ずべきドゥテルテ大統領の対米決別宣言

「天木 直人の公式ブログ」  2016年10月21日より転載

 今朝早朝のNHKニュースが、中国を訪問中のドゥテルテ比大統領の言葉を繰り返し報じた。

 フィリピンは「軍事的にも経済的にも米国と決別したことを報告する」と。

 これは歴史的な一大衝撃発言だ。

 今朝の各紙は一面トップでこの発言を報じるべきだ。

 これほど衝撃的な一国のリーダーの言葉を私は知らない。

 これほど明確に、世界一の軍事的、経済的大国である米国との同盟関係を一変した言葉を知らない。

 しかも、この言葉は習近平主席との首脳会談の直後に北京で開かれた経済フォーラムで発せられた公開発言である。

 フィリピンをめぐって、この一年の間に展開された米国と中国の外交戦における米国の敗北である。

 その米国に従属するしかない日本外交の大敗北である。

 しかしドゥテルテ大統領のこの発言は、決して奇人、変人の発言ではない。

 みずから語っているように、フィリピンと言う国と国民の利益を考えた上での、フィリピンのリーダーとしての極めて冷静で現実的な発言である。

 フィリピンの安全保障を考えた時、いまの米国との軍事同盟を優先させていいことは何もない。

 中国との経済関係強化は、いまのフィリピンにとって死活的に重要だ。

 だから中国との関係を重視するのはフィリピンのリーダーとして当然の外交だ。

 しかも南シナ海問題で中国にベタ降りしているわけではない。


 別の機会での発言であるが、南シナ海をめぐる国際仲裁裁判所の判決を振りかざしながら、この中にすべての判断があるとその判決を支持しながら、いまは南シナ海の問題は優先事項ではないと棚上げ宣言した。

 これこそが正しい外交だ。

 暴言を吐きながらも、7割とも9割とも言われる熱狂的な国民の支持を得ている理由も頷ける。

 このドゥテルテ大統領の決別発言にも関わらず、それでも米国はフィリピンとの同盟関係は米国とフィリピン双方に重要であると言うほかはない。

 誰が首相になっても対米従属一辺倒の日本にとっては羨ましいほどのリーダーシップだ。

 そのドゥテルテ大統領がまもなく日本を訪れる。

 はたして安倍首相はそれでもドゥテルテ大統領を前にして対中包囲網を説くのだろうか。

 「くそ馬鹿野郎」、「地獄に落ちろ」と言われないように気をつけたほうがいい(了)
by kuroki_kazuya | 2016-10-22 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)