スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原子炉に雨水 北電・金井社長「人為的なミス」/富山

原子炉に雨水 

北電・金井社長
「人為的なミス」/富山


チューリップテレビ 10/28(金) 9:42配信 より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00010003-tuliptv-l16

 北陸電力・志賀原発2号機の原子炉建屋に大量の雨水が流れこんだ問題で、北陸電力の金井豊社長は、「本来あってはならない事態で人為的なミスがあった」と述べました。
 今後は、特別チームを編成して、再発防止の徹底と品質管理体制の向上に取り組む方針です。

 27日開かれた、北陸電力の中間決算の発表会見。
 記者からの質問は、先月、原発の原子炉建屋に雨水が流れ込んだ問題に集中しました。

 「大変反省している。再発防止策を徹底したい」(北陸電力・金井豊社長)
 北陸電力・志賀原発2号機では、先月28日、大雨の影響で、およそ6600リットルの大量の雨水が、原子炉建屋に流れ込みました。
 このため、一時、照明用のブレーカーが漏電しました。

この問題について、
国の原子力規制委員会は、
「原発の重要な安全機能の喪失に
つながりかねない事態だった」として、
問題視しました。


 委員会では、「1時間最大30ミリの雨でトラブルが起きたのは問題だ」、「注意力の向上が必要だ」と、北陸電力の安全管理に対して厳しい意見が相次いでいました。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2016-10-29 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)