スキーにはまっています。


by 幸田 晋

四面楚歌の安倍外交を見事に揶揄した一枚の風刺漫画

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

四面楚歌の安倍外交を見事に揶揄した一枚の風刺漫画

「天木 直人の公式ブログ」  2016年11月1日より転載

 いまから3か月ほど前、私は取材に応じ、安倍外交は必ず行き詰まると語ったことがあった。

 その詳細は「マスコミ市民」(NPO法人マスコミ市民フォーラム発行 03-6909-1273 編集人 石塚聡090-4384-4585)10月号に掲載されているが、その後の安倍外交は、私の予想をはるかに超えたスピードでますます四面楚歌になりつつある。

 私が1時間以上かけて語り、それを3000字ほどの文字にした内容を、一枚の絵で語りつくした秀逸な政治風刺画を、きょう11月1日の東京新聞にみつけた。

 それは佐藤正明氏が描いた「日本のハロウィーン」と題する漫画だ。

 両手で耳をふさぎ、しゃがみこんで「キャー」と悲鳴をあげている安倍首相とおぼしき人物が描かれている。

 その背後を並んで囲っている人物は、ドゥテルテ大統領、金正恩総書記、トランプ米国大統領候補、プーチン大統領、習近平主席と思しき面々だ。

 説明は不要だろう。

 いずれも安倍外交の思いにならない言動を繰り返す人物ばかりだ。

 しかし、この秀逸な風刺画の中で欠けている人物がいる。

 それが朴槿恵大統領だ。

 おそらく佐藤氏がこの風刺画を描いた時点では、まだ朴槿恵大統領はいまのような危機に直面していなかったに違いない。

 実際のところ、安倍外交の最大の誤算は、朴槿恵大統領のあまりに急激な失墜だ。

 安倍外交に与えるその打撃は計り知れない。

 慰安婦問題の不可逆合意も、北朝鮮を睨んだ日米韓軍事同盟強化も、そして12月に安倍首相の議長役で開こうとしていた日中韓首脳会談も、すべて吹っ飛んでしまった。

 何よりも米国のアジア・リバランス政策が破綻する。

 安倍外交の寄りどころが根本からぐらつくのだ。

 佐藤正明氏が次に描く風刺漫画は、果たしてどのようなものになるのだろう。

 佐藤さん、楽しみにして待っていますよ(了)

*****




誘って来たのは小沢一郎の方だとバラシタ野田佳彦の無神経さ加減

「天木 直人の公式ブログ」  2016年11月1日より転載

 まともに政治を考えている者にとってはどうでもいい話だが、政局に熱心なものにとっては、これほど面白い話はない。

 仇敵である小沢一郎と野田佳彦が密談したと言うニュースだ。

 小沢一郎が飛び出したのか、民主党の多くが小沢を嫌ったのか、どちらが真相かわからないが、小沢を追い出した張本人の一人が野田であると信じる小沢びいきは、窮地に立たされている野田が小沢に頭を下げて協力要請をしてきた、ざあみろ、と勝手に解釈すだろう。

 しかし、野田は民進党の幹事長だ。

 もし野田が小沢に協力要請したのなら、それは民進党が党を挙げて小沢に近づいたということだ。

 本当に民進党は党を挙げて小沢一郎と手を結ぼうとしているのだろうか。

 そうでなければ、野田は身内から勝手な真似をしやがってと、袋叩きにされるだろう。

 小沢・野田密会は、はたしてどちらが声をかけて実現したものなのか。

 きょう11月1日の一部の新聞が報じている。

 野田氏がきのう10月31日の記者会見で、小沢との会談についてこう語ったと。

 「私の幹事長(就任)祝いをしたいという申し出があり、喜んでお会いした」と。

 これは、俺の方から会いたいと言ったわけではないと言っているのだ。

 頭を下げてきたのは小沢の方だと言っているのだ。

 この野田の発言に、小沢がきょうの記者会見で何も語らなかったら、野田の言っている事が正しいということだ。

 野田は窮地に立たされているが、小沢はもっと窮地に立たされているということだ。

 それにしても、こんなことをわざわざバラシタ野田は、いくら身内に釈明する必要があったとしても、無神経だ。

 これではうまくいくものも行かない。

 たとえうまくいっても、窮地に立たされている者同士がいくら話し合っても建設的なものはないも生まれて来ないだろう。

 こんな政局がらみの話は、国民にとっては何の役にも立たない。

 こんな政局ニュースを流すより、メディアは、なぜいまの政治はどいつもこいつも国民のための政策を実現できないのか、どいつもこいつも税金泥棒だと、それを国民に代って糾弾すべきべきである(了)
by kuroki_kazuya | 2016-11-02 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)