スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国民負担による東電救済は「一蓮托生」という開き直りである

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

国民負担による東電救済は「一蓮托生」という開き直りである

「天木 直人の公式ブログ」  2016年12月10日より転載

 原発事故処理もままならない中で、東電の賠償額や廃炉費用は限りなく膨らんでいる。

 誰がどのように抗弁しようと、東電はもはや企業として存続することは不可能だ。

 それでも安倍政権は東電を潰そうとはしない。

 税金による支援に加えて、電力料金を上げてまで国民に負担を押しつけて救済するつもりだ。

 究極の開き直りだ。

 究極のモラルハザードだ。

 しかし、わかっていながら、誰も大声でその不当さを批判しない。

 なぜか。

 それを表すもっとも適切な言葉こそ、「一連托生」という言葉だ。

 辞書を引くと「よくても悪くても行動・運命をともにする」と書かれている。

 東電を潰すと、株主である大企業が軒並み打撃を受ける。

 日本株全体が暴落し、国民は悲鳴をあげる。

 国民に負担を強いても、国民経済を破綻させるより、まだましだというわけだ。

 この開き直りこそ、安倍政権の強さの源泉に違いない。

 安倍政権が直面する日本の諸問題は、もちろん安倍首相の政策の結果によるところは大きいが、それだけではない。

 これまでの与野党の政治が積み上げた負の遺産なのだ。

 首相が変わろうが、政権が交代しようが、解決する名案などない。

 批判するだけでなく対案を出せ。

 対案を出すだけでなく、それを実現して見せろ。

 これは安倍自公政権の開き直りである。

 しかし、開き直りであるとともに、これ以上ない野党に対する反撃なのである。

 もはや今の日本は一蓮托生状態になっている。

 政局に明け暮れる与党も野党も要らない。

 国民のための、私欲を捨てた、緊急非常事態政権が必要なのだ。

 そしてその時は、待ったなしに来ていると思う。

 それに気づかない政治家たちは、あるいは気づかないふりをして政局に明け暮れている政治家たちは、みな恵まれた特権階級である(了)

******




TPP予算執行があぶりだした農民票欲しさのTPP国会論争

「天木 直人の公式ブログ」  2016年12月10日より転載

 TPP発効はもはや誰が見てもあり得ない。

 それでも、TPP対策として計上された1.2兆円もの巨額予算はそのまま執行されるという。

 われわれ納税者として、これほど納得のいかない事はない。

 それでも政府は執行にこだわる。

 なぜか。

 TPP対策費の大部分は農産品対策費だ。

 その執行停止は、もらえると喜んだ農業関係者を怒らせる。

 早晩行われる衆院選で農民票を失うおそれがある。

 だから執行するしかないのだ。

 一方の野党はどうか。

 たしかに予算執行を批判する野党議員はいる。

 しかし、決して本気で執行停止を求めているようには見えない。

 なぜか。

 それは、彼らもまた農民票を失いたくないからだ。

 特に、TPP反対の急先鋒だった野党議員ほど沈黙している。

 なぜならTPPに強硬に反対して来た野党議員こそ、農民票で当選させてもらった議員だからだ。

 TPPをめぐるこれまでの交渉や国会論争は、間違いなく農産品保護問題が突出していた。

 農民票を奪い合う政局論争の要素があった。

 TPPには国民生活にとってもっと深刻な問題があるというのにである。

 だからこそ一般国民にはTPP論争がいまひとつ理解できないのだ。

 そして、そのことは今後も続く。

 TPPが無くなれば喜ぶべきはずの野党が、素直にそれを歓迎しない。

 TPPが無くなればより厳しい交渉に迫られると警戒する。

 TPPをなくして世界が保護主義になってもいいのかと政府が開き直れば、守勢に回らざるを得ない。

 TPPの予算執行停止問題がはからずもあぶりだしたもの。

 それはこの国の政治の大きな部分が、今も昔も農民票の奪い合いであるという現実である(了)
by kuroki_kazuya | 2016-12-11 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)