スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国民はこんな役立たずの国会を許してはいけない

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

国民はこんな役立たずの国会を許してはいけない

「天木 直人の公式ブログ」  2016年12月17日より転載

 きょうの各紙が当たり前のように小さく報じている。

 国会はきょう12月17日、2回の延長を経て、83日間の会期を終え閉会すると。

 通常国会は1月下旬のになる見通しである、と。

 政治は長い正月休みに入るというわけだ。

 しかし、国会開会中に、二つの重大な出来事が起きた。

 一つはオスプレイの墜落事故だ。

 もう一つは北方領土を問題をめぐる歴史的な安倍・プーチン首脳会談だ。

 そのいずれも国民にとってこれ以上ない大きな政治問題である。

 オスプレイの墜落事故は、もはや沖縄だけの問題ではない。

 全国中に飛び回るオスプレイはどこで墜落してもおかしくない事が証明された。

 横田で墜落事故が起きたら逃げ場がない。

 大惨事になるだろう。

 犠牲者を出さなかったパイロットを英雄視し、感謝しろと暴言を吐いた在日海兵隊責任者の更迭と、オスプレイの配備見直しの二つは、国会が安倍政権に実現させる最低限の政治要求だ。

 一方の北方領土問題は、誰もが目撃した安倍外交の失敗だ。

 国会ではなく、やたらにテレビに出てそれをごまかす安倍首相の発言は、誰が聞いても虚偽だ。

 野党は今こそ共闘し、オスプレイの墜落事故と北方領土問題に関する安倍・プーチン合意について、国会延長を求めるべきだ。

 国会で追及すべきだ。

 自公両党は、いやしくも政権政党であるならば、野党の追及を堂々と受けて立つべきだ。

 ところが、国会延長という声は、どこからも出て来ない。

 それどころか、国会会期中に起きたというのに、この二つの歴史的大問題について、国会でただの一度もまともな議論が行われた形跡はない。

 カジノ法案ばかりが政局になっている。

 こんな馬鹿な国会があるか。

 次の国会まで、長い正月休みに入り、次の国会が始まる頃には、遠い昔の事のように、すべて忘れ去られるに違いない。

 これが国会だ。

 これがいまの日本政治だ。

 与党の政治家はもちろん、野党の政治家たちも一人残らず税金泥棒だ。

 解散・総選挙の事ばかり大騒ぎし、選挙でどうしたら議席を増やすか、生き残るか、その事しか関心のない政治屋ばかりだ。

 東京都には都民ファーストを掲げる政党が動き出そうとしている。

 日本の政治には、国民ファーストを実践する政党が何としてでも出て来なければいけない(了)

*****



笑い話満載の今度プーチン訪日に関する報道

「天木 直人の公式ブログ」  2016年12月17日より転載

 今度のプーチン訪日に関する報道は笑い話満載だ。

 たとえば温泉をめぐる安倍・プーチン会談だ。

 安倍首相は疲れたら温泉に入って癒してくれと持ちかけたところ、プーチンは疲れるような事にはならないと言い返した。つまり領土問題など話すつもりはないと一蹴したのだ。そのことばどおりプーチンは温泉に入らずに帰ったらしい。

 たとえば日本がかつてプーチンに贈った秋田犬ゆめに関する記事だ。

 安倍首相が野党の提出した内閣不信任案を否決したことを自慢気にプーチンに話したらしい。

 それに対し、この次野党がないカウ不信任案を出したらゆめを貸してやると応じたらしい。

 ゆめには何の罪もないが、プーチンに育てられたら、秋田犬もここまで攻撃的になるということだ。

 日本が贈った犬に日本が攻撃されかねない。

 しかし、何といっても笑い話はこれだ。

 安倍首相は中国を包囲網するつもりでロシアとの安保協力協議を始めることで合意した。

 しかしロシアと中国の関係は日本とロシアの関係よりはるかに緊密だ。

 中国の新華社通信は、プーチンが対中関係を重視している事を明らかにした上ですかさずこう反論した。

 「日本のはかりごとは必ず失敗する」と。

 中国にここまで見透かされていてはどうにもならない。

 プーチンの訪日は、それ自体が笑い話だったということだ(了)

*****




蓮舫民進党代表は安倍首相の蓮舫批判に反撃しなければいけない

「天木 直人の公式ブログ」  2016年12月17日より転載

 安倍首相の民進党叩き、蓮舫代表たたきは目に余る。

 しかし、今度だけは蓮舫氏はすかさず反論しなければいけない。

 安倍・プーチン合意にコメントを求められて、蓮舫氏は経済協力に終始し、領土問題について何の進展も見られなかったと、批判した。

 その発言をとらえ、安倍首相は16日夜のテレビで蓮舫批判をした。

 蓮舫代表は間違っています、これは民間協力ですよ、政府の資金協力(ODA)ではないんですよと。

 語るに落ちるとはこのことだ。

 今度の経済協力はただの民間協力ではない。

 対ロ資金の大部分は国際協力銀行頼みだ。

 政府はインフラ整備のために第二次補正予算で国際協力銀行への出資金を増やし、財政基盤を整えている。

 焦げつきが相つげば、一般会計から資金の繰り入れが必要になり、まわりまわって国民負担になる(12月17日日経)。

 立派な政府資金協力だ。

 蓮舫氏は、その事をすかさず反論し、安倍首相にもう一度テレビに出てもらって謝罪させなければいけない。

 こんな安倍首相の無恥、無知な暴言を見逃すようでは、蓮舫代表はやられっぱなし終わる。

 無恥、無知な安倍首相にやられっぱなしで終わるほど情けないことはない(了)
by kuroki_kazuya | 2016-12-18 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)