スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原子力規制委の「玄海3・4号機審査書案」が不適当な理由

玄海原発玄海3号炉および4号炉の発電用原子炉設置変更許可申請書に
 関する審査書案は不適当である。
木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

たんぽぽ舎です。【TMM:No2961】
2016年12月19日(月)午後 08:10
地震と原発事故情報より一部

┏┓
┗■2.基準地震動(水平方向620ガル)が小さすぎる
 |  「免震重要棟なし」「鍛造」問題で現物調査をしていない
 |  避難計画はあまりに非現実的で実効性なし 「安全文化の欠如」
 |  原子力規制委の「玄海3・4号機審査書案」が不適当な理由
 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 玄海原発玄海3号炉および4号炉の発電用原子炉設置変更許可申請書に
 関する審査書案は不適当である。その理由を以下に述べる。

1.基準地震動(水平方向620ガル)が小さすぎる(19〜20頁)

 基準地震動水平方向620ガルは小さすぎる。既往最大の地震動は2000ガ
ルを超えている。たとえば、2004年に起きたの新潟県中越地震では2516
ガル、2008年の岩手・宮城内陸地震では岩手県一関市厳美町祭畤で4022
ガルを記録した。
 また新潟県の柏崎刈羽原発が2007年の中越沖地震で停止してしまったと
きは、構内にある地震計が記録した加速度は1500ガルにも達していた。
 司法が指摘したように、「新規制基準は緩やかすぎて、これに適合して
も安全性は確保できない」し、大津地裁が福島第一原発事故の原因究明が
「道半ば」としたうえで、国が策定した新規制基準の安全性を疑問視した。
 さらに、島崎前委員長代理、長沢大阪府立大学名誉教授、岡村高知大学
教授、政府の地震調査委員会、など多くの専門家が本年に指摘しているよ
うに、今の基準地震動の策定方法は過小になっている。また、熊本大地震
を分析し長周期や繰り返し地震への対策も検討するべきだ。

2.「免震重要棟なし」(247〜253頁、390〜399頁)

 東電福島第一原発事故における吉田所長以下の免震重要棟内で収束作業
がなければイチエフ事故はもっと厳しくなり本州に誰も住めなくなったか
も知れない。それを考えれば、「免震重要棟なし」で原発を動かすことは
許されないはず。
 5年猶予の規定がある訳でもないのに川内原発の稼働を容認したのもお
かしいが、玄海3・4号機の稼働も「免震重要棟なし」では絶対に認める
べきではない。

3.「鍛造」問題で現物調査をしていない(121〜231頁)

 フランスで発覚した問題(原子炉に基準以上の炭素を含んだ比較的もろ
い鉄の合金が使われた疑い)がまだ解明されていない。直ちに原発を止め
て調査するべきだ。玄海原発3・4号機は日本鋳鍛鋼の鋼材を使っている
のであるから、炭素偏析の有無を現物の非破壊検査または破壊検査で調査
するべきだ。

4.避難計画はあまりに非現実的で実効性なし(全般)

 玄海原発の周辺自治体や住民がずっと指摘してきたように、また原子力
防災訓練と熊本大地震との対比で明らかなように、玄海原発にひとたび大
事故が起こった場合には周辺住民が被ばくせずに避難できる保証は全くな
い。熊本大地震では避難の為の道路が寸断され新幹線も復旧に1週間以上
かかった。
避難計画に実行性がないのであるから原発の再稼働は無理だ。
 それに、避難が必要になりヨウ素剤配布が必要になる可能性があるので
あれば、原発を動かすべきではない。

5.「安全文化の欠如」(全般)

 田中原子力規制委員長は、常々電力会社の安全文化の向上を唱えている
が、私から見れば原子力規制委員会にこそ安全文化の欠如が顕著だ。以下
にその理由を例示する。
・熊本大地震が起こっていても川内原発を止めようともしない川内原発か
ら5.6kmの高江で震度5弱が観測された。そして、気象庁がその後も大
地震が起こり得ると警告していたにも拘らず原子力規制委員会は川内原発
を止めなかった。
・司法によって高浜原発の稼働を差し止められ、もろもろの原発について
も再稼働するなという訴訟が起こされている。それでも、真摯な技術的な
説明を司法や「国民」にせず、「新規制基準」見直しや審査のやり直しや
原発を止めることもしない。
・フランスで原子炉の強度不足の欠陥が疑われる問題が起こったにも拘ら
ず、川内原発を止めようともしなかった。
・川内原発の再稼動において、審査時に2016年3月に完成予定としていた
免震重要棟について、稼働する時(2015年8月)には九州電力が着工すらし
ていないことを知りながら、規制委は再稼働を認めた。
・「新規制基準」や審査について、多くの科学者・技術者が問題点を指摘
しているにも拘らず、広範な専門家・有識者・国民を招いて科学・技術的
な公開討論を闘わすことをせず、無視している。
・東電福島第一原発事故の収束作業でも廃炉作業でも、放射能汚染物の垂
れ流しを容認している。特に、汚染水のアンダーコントロールもブロック
できているという今や誰にも明らかになった安倍晋三首相の大嘘をも田中
委員長は是認した。
・原発稼働40年ルールを破り「例外中の例外」のはずの20年延長を、高
浜・美浜で認めた。
・11月22日の福島県沖地震において東電福島第二原発3号機において、使
用済み核燃料の冷却停止が起こった折にも、東電とともにその問題を過小
評価し、日本に18000トンもある使用済み核燃料の問題を隠している。


┏┓
┗■3.三原山に迫る“次の噴火”全島避難から30年
 |  36〜39年の周期で中規模の噴火を繰り返してきているから
 |  次の噴火が近づいている可能性
 |  「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」コラムその177
 └──── 島村英紀(地震学者)

●伊豆大島の火山・三原山が噴火して全島避難をしてから11月末で30年に
なった。
 三原山はこの200年間、36〜39年の周期で中規模の噴火を繰り返してき
ているから、次の噴火が近づいている可能性がある。全島避難を想定し
て、住民4000人が参加して避難訓練が行われた。
 伊豆大島は東京から南西へ110キロ、直径10キロほどの楕円形の島だ。
 最高峰三原山は758メートルだが、見えていない海中部分を入れれば
2000メートルを優に超える火山の頂上部分だけが顔を出している島なので
ある。
 関東地方から南へ「東日本火山帯」が延びている。富士山や箱根もその
一部だが、伊豆大島、三宅島、八丈島といった離島をはじめ、西之島新島
など、多くの火山がこの火山帯に属している。

●火山の山頂部分だけが海上に顔を出している島は、どれも噴火があった
ら逃げ場がない。
 東京から580キロ南にある鳥島では、かつて島民125人全員が噴火で死亡
しているのが見つかったことがある。1902年8月のことだ。島民は、アホ
ウドリを捕獲するために移住していた。
 そのあと鳥島は無人になり、気象庁の観測所が置かれて、その職員だけ
が常駐する島になっていた。ここは南方海域での重要観測点だったのだ。
 だが1965年になって地震が頻発しはじめた。また火山が噴火するのでは
ないかとの恐れが強まった。ここでは、記録に残っているものだけでも
1871年、1902年、1939年に噴火した。その後も1998年、2002年に噴火して
いる。
 このため気象庁の気象観測船「凌風丸」が荒天の中を近づき、気象庁の
職員全員を救出した。大変な作業だった。鳥島はコップを伏せたような形
で断崖に囲まれていて、大型船が着ける埠頭はない。
 その後も安全が確認されないので観測所を廃止して、以後、島は再び無
人になっている。職員が退避したときに置き去りになっていたニワトリが
野生化して、空を飛ぶようになっているという。

●話は伊豆大島に戻る。1986年当時約1万人いた全島民は都内23区の避難
所などに分散して島外避難を余儀なくされた。この避難は約1カ月間続いた。
 じつは11月に始まった噴火の初期には、噴火を見ようと5000人を超える
観光客が伊豆大島に押し寄せた。観光以外には目立った産業がない島は歓
迎ムードに包まれた。立ち入り禁止区域に指定されて営業できなかった商
店では、営業許可を求めて町役場に陳情したほどだった。
 だが、このとき噴火はたまたまの小康状態だった。そして11月20日には
科学者も予測できないまま、爆発的な噴火が始まった。犠牲者が出なかっ
たのは幸運だった。
 そもそも、中規模の噴火を繰り返してきたというのも、近年だけのこと
だ。
伊豆大島では過去、もっとずっと大きな噴火もあった。
たとえば1777〜1778年に起きた「安永の噴火」は火山からの噴出量が東京
ドーム250杯分を優に超える大規模な噴火で、1986年の噴火よりもはるかに
大きかったのである。

(島村英紀さんのHP「 http://shima3.fc2web.com/ 」
 「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より12月9日の記事)
by kuroki_kazuya | 2016-12-20 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)