スキーにはまっています。


by 幸田 晋

最後に凄みを見せたオバマとひとたまりもないプーチン

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

最後に凄みを見せたオバマとひとたまりもないプーチン

「天木 直人の公式ブログ」  2016年12月31日より転載

 NHKの第一報から丸一日がたち、きょうの各紙が一斉にオバマ大統領の対ロ制裁内容の詳細を報じた。

 それを読んであらためて思い知った。

 戦後70余年に及ぶ米ロ外交史の中でも、特筆すべき厳しい報復制裁だ。

 なにしろ、大統領選挙という米国の最大の政治にロシア情報機関がサイバー攻撃で不正介入し、その責任はプーチン大統領にあると明言したのだ。

 その上で、ロシア情報機関幹部や在米ロシア外交官を含め、35人を即時国外退去処分にしたのだ。

 しかも、これは報復制裁だと公言したうえで。

 二期8年に及ぶ「弱腰オバマ大統領」が、最後の最後で見せた、これ以上ない強気外交である。

 プーチン大統領は驚いただろう。

 ロシアは報復措置を取らない、などと余裕を見せた格好になっている。

 しかし、プーチン大統領にはそれしか対応策はないのだ。

 まもなく誕生するトランプ大統領との間で、あらたな米ロ関係を期待するしかないのだ。

 しかし、そうはいかないだろう。

 きょうの各紙の記事で私が注目したのは、トランプ氏が難題をつきつけられたと書いている記事が多かったことだ(朝日、毎日、産経など)

 それはそうだろう。

 大統領になったら、自らの国の情報機関を信用するしかない。

 しかも、いまでも米国民の半分以上はトランプ大統領を認めないと言っている。

 ロシアとの融和を急いで、ロシアにねつ造された傀儡大統領と言われては、就任宣言からレイムダック状態になる。

 米国と米国民の利益のために、米国大統領にふさわしい対ロ外交を取らざるを得ないだろう。

 そして、米国にとって、ロシアは今も昔も、価値観が最も異なる潜在敵国なのである。

 今度の対ロ報復制裁措置は、弱腰大統領と言われ続けてきたオバマ大統領が最後の最後に見せた、プーチン大統領に対する必殺のカウンターパンチだ。

 そして、それはまた同時に、オバマ大統領のレーガシィを全否定しようとするトランプ氏に対する、これ以上ない重い置き土産だ。

 トランプ大統領は、みずから繰り返す米国の国益ファーストと、プーチン大統領のロシアとの関係構築の間で、また裂き状態で出発することになる。

 そして、わが日本の安倍首相は、トランプの米国とプーチンのロシアの間で、また裂き状態となる。

 最後まで、オバマ大統領は安倍首相にとって相性の悪い米国大統領だったということである。

 いや、事実はその逆だ。

 オバマ大統領にとって安倍首相は、最後まで好きになれない日本の首相だったという事である(了)
by kuroki_kazuya | 2017-01-01 06:35 | 日本の今後 | Comments(0)