スキーにはまっています。


by 幸田 晋

人事案漏えいで文科大臣が国民に謝罪する滑稽さ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

人事案漏えいで文科大臣が国民に謝罪する滑稽さ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年1月11日より転載

 文科省の人事案がまちがって省内の全職員に流されたという。

 前代未聞の珍事だ。

 さぞかし省内の職員は動揺しただろう。

 なにしろ、そこには実名入りで人事の内幕がすべて書かれていたという。

 しかし、私が滑稽に思ったのは、文科大臣か副大臣か知らないが、テレビの前で政治家が国民に二度とこのようなことが起こらないように気を付けますと詫びていた事だ。

 国民にとっては痛くも痒くもない。

 むしろ面白いくらいだ。

 文科大臣が謝罪すべきは、名前をばらされて複雑な思いをさせられた省内の職員だろう。

 文科省はどこまで行ってもピント外れの三流官庁である(了)

*****



小池都知事が安倍首相から五輪予算を分捕る決めゼリフはこれだ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年1月11日より転載

 小池百合子東京都知事が安倍首相と会談した。

 何を話し合ったかは極めて興味深いが、そのひとつが東京五輪の予算についてであることは間違いない。

 安倍首相は東京五輪だから五輪予算は東京都で負担すべきだと言ったらしい。

 他の知事と結託して小池知事に予算の責任を押し付けて小池つぶしをしているようだ。

 ならば小池知事はこう安倍首相にいえばいい。

 あんたはリオ五輪の閉会式でマリオ役のパフォーマンスをやって、東京で会いましょうと世界に宣伝したでしょう。

 東京都民が、これ以上負担するのは嫌だから東京五輪は止めろと言ったら、あなたの責任になりますよ、と。

 マリオのパフォーマンスは出来なくなりますよ、と。

 そう言われれば、安倍首相も、確かにそうだ、政府予算を回す、と言わざるをえなくなる(了)

*****




カレンダー作成の都合上新元号の公表を早めるという不敬

「天木 直人の公式ブログ」  2017年1月11日より転載

 私が書いた通り、きょうの各紙が一斉に大きく書いた。

 2019年元旦に新天皇が即位する、と。

 普通なら、後追い記事などというものはしゃらくさいから遠慮して書くものだが、ここまで大きく各紙が一斉に後追い記事を書くというのは、産経新聞のスクープがそれほど衝撃的なスクープだったということだ。

 なぜ産経がそこまで大きなスクープを書くことが出来たのか。

 産経新聞の大手柄かもしれないが、やはり安倍政権が右翼紙の産経に書かせたと見るべきだろう。

 何事もそうであるが、もはや引退すると決まれば、その時点で誰もが過去の人と見る。

 はやばやと今上天皇の役割を縮小させていこうという魂胆が見え見えだ。

 どこまでも不敬な安倍首相と産経新聞だ。

 しかし、きょうの各紙が一斉に書いているのを見てさらに驚いた。

 新天皇の即位とともに変わる新しい元号を、はやばやと2018年前半にも発表すると政府は考えているという。

 その理由がふるっている。

 カレンダーなどの印刷物への対応期間を確保するためだという。

 そこまでいうか。

 いくら国民生活の便宜のためだといっても、そんな事を今から発表するか。

 特例法案も成立していない2年も前から、新元号の発表時期まで明かす。

 しかもカレンダー印刷の都合だと言って。

 天皇制とはその程度のものなのか。

 とこまで天皇陛下のお言葉の意味を軽んじれば気が済むのか。

 安倍首相とメディアの不敬ここに極まれりである(了)
by kuroki_kazuya | 2017-01-12 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)