スキーにはまっています。


by 幸田 晋

玄海原発 離島に橋も架けないで

玄海原発 

離島に橋も架けないで


東京新聞 【社説】 2017年1月19日より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017011902000127.html

 九州電力玄海原発が再稼働に向かう。重大事故に備えた避難計画をつくれといいながら、離島には逃げ場がない。橋を架ける前になぜ、原発を動かせるのか。人の命が何より大切だとするならば。

 玄海原発に併設されるPR館、玄海エネルギーパークの展望室からは、四基の原子炉建屋とともに、玄界灘の島々が見渡せる。

 馬渡島(まだらしま)、そして「島の宝百景」にも選ばれた加唐島(かからしま)、松島…、壱岐島もはっきり見えた。

原発三十キロ圏内の自治体には、
原発事故を想定した
避難計画の策定が義務付けられている。
暮らしや命が危険にさらされているということだ


 玄海原発の三十キロ圏には二十の離島があり、二万六千二百人が暮らしている。このうち九州本土と結ぶ橋があるのは、長崎県側の三島だけ。四国電力伊方原発のある、日本一細長い佐田岬半島の先端部に住む人同様、ほとんどの島では海が荒れれば逃げ場がない。

 荒波で名高い玄界灘、海路による避難訓練が高波のため中止になったこともある。

 それでも国の原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)は先月、三十キロ圏内の広域避難計画を「合理的」とした。

 例えば、本土との間に橋のない長崎県の壱岐島は、南部が三十キロ圏内だ。計画の中に全島避難は含まれず、約一万五千人が、島の北部に移動することになっている。屋内退避施設は未整備のままで、風が北へ向いた場合の対策は定かでない。

放射性物質は風に乗って遠方まで飛散する。
福島第一原発事故が証明済みだ。
これほど多くの人々の安全が保証されないまま、
原発再稼働を許すのが、
どこが「合理的」だと言えるのだろう


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-20 06:55 | 核 原子力 | Comments(0)