スキーにはまっています。


by 幸田 晋

高浜原発の転倒クレーン 風速42メートルまで耐えると想定

高浜原発の転倒クレーン 

風速42メートルまで耐えると想定


東京新聞 2017年1月23日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017012302000121.html

 関西電力高浜原発2号機(福井県高浜町)で転倒し、建屋の一部を壊した大型クレーンは、アーム部分先端からワイヤでつるした約五トンの重りを接地させる措置により、風速四二メートルまで耐えられると想定されていたことが、関電への取材で分かった。

 事故は二十日午後九時五十分ごろ発生。同日夕~二十一日未明には暴風警報が出ており、原発構内二カ所の風速計は一五メートル程度を計測していた。
関電によると、
安全対策工事の元請け会社が
この方法で四二メートルまで耐えられる
と判断していたという

関電は風向きの想定やクレーンの管理に不備があった可能性もあるとみて、原因を調べる。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-24 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)