スキーにはまっています。


by 幸田 晋

中東情勢をさらに不安定化するサウジの対カタール断交の愚

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

中東情勢をさらに不安定化するサウジの対カタール断交の愚

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月7日より転載

 サウジがカタールと国交断交に踏み切った。

 中東情勢を少しでも知っている者なら、これがいかに危険な動きであるかわかるだろう。

 菅官房長官は5日の記者会見でエネルギー安全保障上の懸念を語っていたようだが、本当の懸念は中東の政治的不安定化に対する懸念のほうだ。

 ますますテロの脅威が高まるだろう。

 カタールと断交した理由を、サウジは自らが脅威と認識するシーア派大国イランにカタールが融和的な姿勢を見せたからだという。

 しかし、サウジが真に懸念するべきは、反王制を掲げるスンニ派原理主義だ。

 それを利用しようとするのがISだ。

 ISとの戦いを最優先すべきであるのに、ISと戦うイランと敵対してどうする。

 イランを一番警戒しているのがイスラエルだ。

 なぜならいまやイスラエルにとって唯一の中東の脅威がイランだからだ。

 サウジはそのイスラエルと連携を強めてイランを敵視してる。

 しかし、イスラエルは今でも中東不安定化の最大の原因であるパレスチナ問題の元凶だ。

 いまでもパレスチナを不法占拠し、入植という名の領土拡張を続けている。

 アラブが結束してイスラエルと戦うという中東紛争の構図はすっかりなくなってしまったが、それでもイスラムの総本山を抱えているサウジアラビアがイスラエルと連携するのは、アラブへの裏切りだ。

 腐敗したサウジ王制に向かうイスラム原理主義のテロを助長することになるだろう。

 サウジのカタール断交は、自らの保身を最優先する王制サウジの誤りを象徴する愚策である(了)

*****




広島中央署の現金盗難の責任を今になって追及した読売の意図

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月7日より転載

 きょう6月7日の読売新聞が、5月8日の広島県警広島中央署で起きた現金約8500万円盗難事件の事について大きく書いた。

 その記事の内容は、内部犯行であることはほぼ確実なのに、なぜいつまでたっても解決できないのか、県警への風当たりが激しくなっている、と言う記事だ。

 そういえば、そんな事件があった。

 そして私はその事件を知った時、どう考えてもこれは内部犯行だと思った。

 なにしろ盗まれたのは詐欺事件の証拠金として集めた現金であり、警察の金庫に厳重に保管されていた金だという。

 それを盗むことができるのは、内部の人間か、少なくとも内部の人間の手助けを得た人間しかいない。

 それが解決した時点で、県警本部長はもちろん、警察庁長官さえ引責辞任だろうと、私はそのニュースを聞いた時、思ったものだ。

 それにもかかわらず、いやそれだからこそ、このニュースは、それ以来全く報じられなくなって封印された。

 それが、なぜ今頃になって読売新聞だけが大きく報じたのか。

 私はこう思っている。

 これは安倍政権による警察官僚への恫喝だ。

 この事件について、国民が思い出して怒り出すと、警察官僚トップの辞任は避けられなくなる。

 安倍政権の言う事を聞かなければ、いつでもこの事件を持ち出して、トップの首を切るぞ。

 そう、安倍・菅暴政コンビは、読売新聞を通じてメッセージを送っているのだ。

 警察官僚は震え上がっているに違いない。

 安倍暴政が大手を振ってまかり通るのは、安倍一強を忖度した官僚たちが安倍・菅暴政コンビに追従しているからではない。

 もっと直接的だ。

 安倍・菅暴政コンビに恫喝され、命令されているのだ。

 そのことを見事に証明してくれるような読売新聞の記事である(了)

*****




民進党の終焉を決定づけた小池百合子の自民党離党

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月7日より転載

 私は民主党が選挙で自民党を倒して政権を取り、いわば市民革命を起こしたにもかかわらず、わずか3年で大失敗した体たらくを見て、もはや政権交代の繰り返しは意味がないと確信した一人であるが、権力を握らなければ意味がないのが政治であるとすれば、政権を取る可能性のない万年野党では、誰も関心を示さないのもうなづける。

 その意味では、安倍自民党に対抗する唯一の政治勢力は、いまや小池新党だけである。

 都民ファーストの人気に陰りが見えたと見た小池百合子が、自民党を離党した。

 その効果があって、直後の世論調査では都民ファーストが五分五分の戦いに戻した。

 今度の都議会は文字通り一騎打ちとなるだろう。

 国民が望んでいるのはまさしくそれだ。

 都民ファーストが勝てば、文字通り小池新党に名を変えて一気に国政に向かうだろう。

 かろうじて自民党が第一党を守ったとしても、もはや小池新党の動きは避けられない。

 小池新党が「安倍・菅暴政の阻止」を掲げれば、そしてそれを若狭、小池の離党が宣言したようなものだが、安倍・菅暴政を倒して政権交代をなしえる政党は小池新党以外にない、となって、国民を巻き込んだ一大政局になる。

 それはとりも直さず野党第一党である民進党の終焉である。

 その事を象徴するような記事を見つけた。

 きょう6月7日の読売新聞が報じていた。

 民進党の柿沢未都役員会長が、その役職を辞任する意向を蓮舫代表に伝えていた事がわかったと。

 その理由は、都議会選で民進党の後任を得ていた妻の柿沢幸絵都議が、都民ファーストとの連携を模索するため離党届を出したことに対する責任を取るためだという。

 東京都議会選挙まで一か月を切ったというのに、民進党候補者の離党はまだ止まらないのだ。

 このままでは民進党当選者は限りなく少なくなる。

 それはそのまま、国政で安倍自民党に代わる可能性のある野党第一党は、小池新党になるということだ。

 民進党は、あたかもあだ花の如く、その歴史的使命を終えるということだ。

 7月2日の東京都議会選挙の後に、間違いなく政治は大きく動くだろう。

 新党憲法9条の出番が来るときはその時である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-06-08 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)