スキーにはまっています。


by 幸田 晋

テロはサウジアラビア人の仕業だと発表したイランの衝撃

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

テロはサウジアラビア人の仕業だと発表したイランの衝撃

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月9日より転載

 サウジアラビアとカタールの国交断交のニュースに次いで、イランでテロが起きたというニュースが飛び込んできた。

 そしてはやばやとISが犯行声明を出した。

 イラン国内でISが公然とテロを起こした。

 その衝撃は大きい。

 しかし、私がもっと驚いたのは、犯行にはサウジアラビアが関与したとイランが発表したことだ。

 これではサウジアラビアとイランの関係は、改善どころか、決定的に悪くなる。

 私が駐レバノン大使であった時、レバノンの武装抵抗組織ヒズボラは、イランの支援を受けたシーア派テロ組織として米国の最大の脅威だった。

 しかし、米国が最も恐れるテロは、スンニ派のテロであり、その源流はサウジアラビアの元も厳格なワッハーブ宗派から由来するテロだった。

 あの9・11を起こしたビン・ラデンもサウジアラビア出身だ。

 そして、サウジアラビア王制が最も恐れるものこそ、内なる敵であるサウジアランビア原理主義のテロだ。

 イランはそのようなサウジアラビア王制の矛盾を見事についたのだ。

 中東のテロは、自らのテロを抑えきれないサウジアラビア王制の矛盾だと言わんばかりだ。

 これではサウジアラビアとイランの関係改善は望めない。

 サウジアラビアとカタールの国交断交も容易に修復なされない中で、祭事アラビアとイランの関係が悪化したままに放置される。

 中東が分断していてはIS掃討作戦もうまくいくはずがない。

 そしてもはや米国では中東の安定化を実現することは無理だ。

 トランプではなおさら無理だ。

 かくして中東はますます不安定化していく。

 そして、中東が分裂、不安定化している限り、イスラエルの安全は保障される。

 中東で起きるあらゆる紛争は、すべてイスラエルが後ろで糸を引いていると思った方がいい。

 これは、レバノン人が口癖のように私に語っていた言葉だ。

 その時は聞き流していた言葉だが、今私の中によみがえってくる(了)

*****




小池新党が国政に向かうシナリオを公開した週刊実話

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月9日より転載

 小池新党がらみの政治記事を一番熱心に書いてきた週刊誌の一つに週刊実話があります。

 発売中の最新号(6月22日号)に小池新党が国政に向かう興味深いシナリオが書かれています。

 小池百合子氏の自民党離党は、東京都議会選挙への勢いを取り戻すための予定通りの行動であると。

 加計学園疑惑をはじめとした安倍首相の「忖度」政治批判を見て、今がチャンスだと反自民に舵を切ったのだと。

 こうなれば安倍自民党としても戦わざるを得ない、全面対決となると。

 そして小池新党の動きは都議会選挙後は国政に向かうと。

 これらの指摘は、私もそう思って書いてきたことばかりです。

 その通りになるでしょう。

 私がその週刊実話の記事で関心を持ったのは、その時に集まる小池新党の「同志」たちです。

 これを週刊実話は「懐刀7人衆」と書いています。

 その中で私が一番驚いたのは、なんとあの橋下徹前大阪市長が参加すると、在阪政治記者の名前を借りて、要否次のように書いているところです。

 すなわち、一説には、憲法改正のため秋にも行われる内閣改造で橋下徹を安倍首相が民間から入閣させるという説もある。しかし、それは見方が甘い。森友学園疑惑にしても、加計学園疑惑にしても、何かしらの安倍パワーが利いたことは明白だが、何も解明されない。官邸が徐々に伏魔殿と化しつつあるなか、何かのきっかけに国民の安倍離れが一気に進むと橋下徹は見ぬいていて、その後の小池氏に相当期待してる、というのです。

 この週刊実話の見立ての真偽はわかりませんが、もしそうなれば驚きです。

 7人衆の中に若狭議員が入っているのは当然で、彼なら歓迎です。

 私は若狭議員と最近新党憲法9条について話した事がありますが、彼はその時、村上誠一郎と並んで安保法に棄権した自民党議員は私だけだと言って憲法9条前文をそらんじました。

 安倍批判発言を繰り返す石破茂や野田聖子、そして船田中もまた小池新党に期待している一人だと書いています。

 そこまではまだわかりますが、長島明久や渡辺喜美の名前が挙がっているのにはがっかりしました。

 もし小池百合子が彼らを入れるようでは小池新党には期待できません。

 果たして小池新党はどういう新党になるのでしょうか。

 すべては東京都議会選の後に動き出します。

 その小池新党の動きと並行して、民進党は分裂し、野党共闘はさらに混迷すでしょう。

 そんな混乱する政局の中で、ベストタイミングを狙って、私は新党憲法9条宣言を行うつもりです。

 税金泥棒を拒否し、憲法9条を国是とすることを訴える新党憲法9条が輝かないはずがないと思っています(了)

*****




安倍暴政にまっさきに潰された今上天皇の平和への思い

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月9日より転載

 大混乱の国会であり、政局ですが、そんな中、あっさり成立する法案があります。

 天皇退位特例法がそれです。

 きょう参院本会議で圧倒的多数決で承認され、成立することになります。

 これで、今上天皇が昨年8月8日にあの言葉で国民に訴えた願いが、完全になきものとなり、その今上天皇は、来年いっぱいで確実に退位させられることになります。

 そして、それと前後するタイミングで、憲法9条が国民投票による過半数の承認を得て改憲されることになると私は見ています。

 すべては安倍首相の思惑通りに進んで行くかのようです。

 発売中の女性セブン(6月22日号)に、毎日新聞がスクープした「天皇は祈っているだけでよい」という有識者会議のメンバーの一人が述べた言葉に、今上天皇がいかに失望されたか、その内幕をレポートした「必読レポート」という特集記事を見つけました。

 すべては私が書いてきたことばかりです。

 こんな重要な事を女性週刊誌しか書かないことは残念ですが、女性週刊誌でもここまで書いてくれた事は評価すべきでしょう。

 しかし、このような記事が見られるのも、これが最後となるでしょう。

 天皇退位方が出来てしまえば、あとは退位をいかに円滑にとり進めるかが最大の問題になっていくからです。

 私がその記事で注目したのは、毎日新聞の報道を見て、安倍首相は官邸の一室でかなり気色ばんだと書かれていたところです。

 気色ばんだ理由は、宮内庁の職員の中にも反旗を翻すような者が出てきた事への驚きと怒りに違いないでしょう。

 しかし、そんな謀反も、退位特例法が成立してしまえば、もはや無意味になります。

 こうして、退位特例法の成立とともに、今上天皇陛下の、あのお言葉の思いを語るものは、誰もいなくなります。

 そうはさせない。
 
 私は、今年中の最善のタイミングを選んで記者会見を開き、新党憲法9条の結党宣言をすることを決めました。

 その時までに私とともに立ち上がる人が出てこなくても、たった一人でも記者会見を行うつもりです。

 インターネットの世界から現実の世界へ姿を現して、あらたな活動を始めます。

 その時は、内外のあらゆる状況が、新党憲法9条の正しさを証明してくれる事でしょう。

 新党憲法9条は歴史的要請から生まれる必然的な政党なのです。

 私は日を追ってますますそう考えるようになりました。

 そしてそれは正しいと思っています。

 私と一緒に立ち上がりましょう(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-06-10 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)