スキーにはまっています。


by 幸田 晋

〈原発なき社会〉を求める『NO NUKES voice』12号は

〈原発なき社会〉を求める『NO NUKES voice』12号は
  明日15日発売です! 「暗い時代の脱原発」
鹿砦社『NO NUKES voice』編集委員会


たんぽぽ舎です。【TMM:No3101】
2017年6月14日(水)午後 09:22
地震と原発事故情報
より一部

┏┓
┗■4.〈原発なき社会〉を求める『NO NUKES voice』12号は
 |  明日15日発売です! 「暗い時代の脱原発」
 |  泉田裕彦=前新潟県知事と佐藤栄佐久=元福島県知事のお2人、
 |  森まゆみさんの発言など
 └──── 鹿砦社『NO NUKES voice』編集委員会

◎ 鹿砦社『NO NUKES voice』12号が明日15日、発売となります。
 特集は安倍政権が強行する共謀罪ファシズム化への強い危機感から「暗い時代
の脱原発」と銘打って、泉田裕彦=前新潟県知事と佐藤栄佐久=元福島県知事の
お2人に突如降りかかった〈知事抹殺〉、沖縄反基地闘争のリーダー・山城博治
さんたちへの〈不当逮捕〉などの深層に60頁超割きました。
 特集を読んでいただければ、この国の警察・検察機構がいかに反民主、不合理、
強権的なのかがよくわかると思います。
 そうした現状でさらに〈共謀罪〉が成立したらどうなるか?問うまでもありま
せん。

◎ 巻頭インタビューでは近著『暗い時代の人々』が人気の作家、森まゆみさん
に登場いただき、80年代から3・11、東京五輪、ドイツ循環経済まで、実に様々
な「〈陣地戦〉クロニクル」を語っていただきました。気負わず柔軟に、しかし
芯を保って具体的に動き続ける森まゆみさんの活動姿勢に本誌取材スタッフは感
銘を受けました。

◎ 本誌は、たんぽぽ舎の皆さんの協力により季刊で刊行している日本で唯一の
脱原発情報誌です。「再稼働阻止全国ネットワーク」の皆さんも12人ほどが執筆
しています。
 今号も〈原発なき社会〉を目指す多くの人たちの声を届けます。
 『NO NUKES voice』12号、ぜひともご購読お願いいたします。

※詳細は「デジタル鹿砦社通信」を参照お願いいたします。
 http://www.rokusaisha.com/blog.php

┏┓
┗■6.新聞より2つ
 └──── 

 ◆防空演習を嗤(わら)う
  安倍政権の暗黒政治を終わりにさせよう
                 鎌田 慧(ルポライター)

 この時期に、1カ月ほど日本を留守にしてしまって気後れしている。帰ってき
て、安倍政権が見境なく民主主義の衣装を脱ぎすて、ますます破れかぶれの醜態
がよく見え、戦争前夜のようだ。
 4月末、東京の地下鉄が北朝鮮ミサイル実験に呼応して運行停止した。その過
剰反応がわざとらしく嫌な感じだった。戦争を受け入れる訓練のはじまりだった
が、ついに防空演習もはじまった。
 サイレンの音を合図に机の下にもぐったり、手で頭を押さえて床にしゃがみ込
んだり。40年ほど前、アメリカのニュース映画で、核爆弾に備えるアメリカの子
どもたちのおなじ姿を見たことがある。核爆弾に無知だったのだ。
 安倍政権は米軍や自衛隊のある地域で、北朝鮮の恐怖を子どもたちに染みこま
せている。戦時中の竹やり、防空頭巾、バケツリレーで爆弾を防げといったナン
センス。
 原発立地点に1台ずつ「地対空ミサイル」を配備しなくてはならない。列島中
に原発を配置し、大事故で膨大な避難民を路頭に迷わせた責任もとらずに、こん
どは防空演習か。戦争をしない、させない努力が必要なのだ。
 国民をミサイルやテロの恐怖で意識を支配。政府批判者は盗聴、尾行、盗撮。
さらに御用新聞を使っての攻撃。平成の暗黒政治は終わりにさせよう。
 (6月13日東京新聞25面「本音のコラム」より)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-06-15 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)